【いらないかも】AppleWatchを買って後悔してしまう人の共通点

Technology

AppleWatchが気になる人「この前レジでAppleWatch使って決済している人いたけどスタイリッシュだったな〜。ちょっと気になるものの自分にはいらないかもな。。だけどAppleWatchってどんな人が使っているのだろう?」

そういった疑問を解決します

記事コンテンツ

  • Applewatchは本当にいる?いらない?
  • かなり役に立つAppleWatchの便利な機能
  • Applewatchを買うなら最新モデルor旧モデル?

こんにちは、シュンです。

気になっていたApplewatchを最近やっと手に入れました。

以前から友人にオススメされていたのですが、
買うタイミングがわからず2020年9月にseries6が発表されたので、
時期を合わせてヨドバシで即購入。

AppleWatch series6を使い始めて2週間ぐらい経ち、
メリット、デメリットが少しずつ見えてきました。

今回はApplewtachが向いている人いらない人をテーマとして書いていきます。

AppleWatchは本当にいる?いらない?

結論から話すと、
AppleWatchは必須なものではないかなと。

時計としての役割はもちろん、
他の便利な機能も持っているため利便性は高いのは確かです!

とはいえ、
用途によっては高い価格を出してまでは、
AppleWatchを購入する必要はないと感じました。

AppleWatchに向いてる人

時間、天気、メッセージ、健康管理、決済など、
AppleWatchはたくさんの機能が備わっています。

時間を確認するための時計がここまで多機能になったのは、
かなり便利になっていることがわかります。

個人的にAppleWatchに向いてる人は以下のような人だと思いますね。

  • IPhoneを開かず着信や通知を確認したい
  • スムーズに電子決済を使いたい
  • 健康管理をしたい
  • オシャレな時計が欲しい

それぞれみていきましょう!

IPhoneを開かず電話やメッセージの通知確認したい

AppleWatchの便利な機能はIPhoneを開かず、
電話の応答やメッセージの通知確認ができること。

わざわざポケットやカバンからIPhoneを出さずに確認できちゃいます。

AppleWatchを販売している販売員の方に聞いても、
メッセージ確認が一番使う機能だと言ってたので、
間違いなく利便性が高い機能ですね。

通知を振動で知らせてくれるため、
見逃し防止になります!

スムーズに電子決済を使いたい

AppleWatchユーザーで確実と言っていいほど使うのがApple Pay。

自分が持っているクレジットカードや交通系ICカードをIPhoneに登録し、
Applewatchにも追加することで端末にかざすだけで決済できるようになります。

IPhoneではカードを使用する際は認証を求められますが、
サイドボタンを2回押せばAppleWatchはカードが利用可能になり、
決済がかなりスムーズに。

IPhoneやwifiがなくても、
GPSモデルのAppleWatchに登録された交通系ICカードやクレジットカード(Quick Pay)は使えます。

覚えておきたい点が、
交通系ICカードのチャージする場合GPSモデルならば、
近くにIPhoneがあるかまたはwifiの接続が必要となってきます。

健康管理をしたい

AppleWatchで健康管理も可能です。

有名なアプリで「Auto Sleep」というものがありまして、
これはApplewatchを着けた状態で寝ていると、
睡眠の質や心拍数などを記録してくれます。

有料ですが僕もappstoreで購入し、
実際に試してみると正確な睡眠のデータを取れたのでとても興味深いですね。

今まで自分がどのくらいの睡眠の質をしているかなんて、
あまり気にしたことがなかったので。

他にも1日の活動を記録してくれる「アクティビティ」、
時間、消費カロリー、心拍数を測れる「ワークアウト」もあります。

AppleWatch series6からは血中酸素濃度を測ることができるようになりました。

普段意識していなかった体のことも、
AppleWatchを手に入れてからは環境が少し変化しました。

購入したからには宝の持ち腐れ状態にならないよう、
日々色んな機能を試しています。笑

オシャレな時計が欲しい

AppleWatchを一番最初に欲しくなった理由は、
正直いうとオシャレだったからです。

はじめはAppstoreで見たことがあるぐらいで、
日常的に使ったことがなかったため、
どんな機能が実際に役に立つのかわかっていませんでした。

ただ最初の印象は、
見た目がシンプルで小さいサイズのモデルだとゴツくなく、
スタイリッシュなデザインくらいしか思っていませんでした。

一時期は高級ブランドの時計を買おうかと検討しましたが、
未知のものにチャレンジしたいという冒険心をくすぐられました。

時計としての寿命は短いですが、
オシャレな時計が欲しいと思っているのならばAppleWatchを試す価値はあります。

もし合わないなと思えば、
最新モデルで早めのうちに売ればそこまで損をせず売ることもできるはずです!

AppleWatchがいらない人

最初の方で話したとおり、
AppleWatchはなくても生活に困ることはありません。

あったら便利なツールです。

ちなみにAppleWatchはIPhoneとのみペアリングが可能。
他のアンドロイドとはペアリングができないです。

では、
AppleWatchがいらない人についても見ていきます。

ApplePayがIphoneで十分な場合

AppleWatchを使わなくてもIPhoneで非接触の決済はできます。

また、
今のところ交通系ICカードはIPhoneとAppleWatchでそれぞれ用意しなければなりません。

すでに登録された交通系ICカードをIPhoneまたはAppleWatchの両方で使うと、
どちらかのデバイスにあるICカードは消えてしまいます。

そのため、
IPhone用とAppleWatch用それぞれの登録が必要。

そして、
AppleWatchを使っててよく起こりえることが、
改札機に画面をかざすのがやりづらい。

右利きの人も左利きの人も時計は左につける人が多いですが、
改札は右側にあります。

なので、
AppleWatch内の交通系ICカードを利用する場合は、
体を捻らなければならないと思います。

AppleWatchユーザーあるあるですね。

元々右手に時計をする人ならまったく問題ありませんが。。

ApplePayを使った非接触決済はIPhoneでも全然できちゃうので、
支払いはIPhoneで十分に感じるかもしれません。

僕はSuicaを使った時、
IPhoneだけで十分かなと思いました。

バッテリーの持ちが短く感じる

AppleWatchで改善して欲しい点がバッテリー。

十分なスペックがあるAppleWatchですが、
欲をいえばバッテリーがもっと長持ちしてほしい。

充電しないでそれなりに使うと1日〜1日半くらいが限界。

AppleWatch series6では80%の充電に約1時間、
100%の充電に約1.5時間となっています。

バッテリーがAppleWatchの弱みでもあるので、
次のモデルではより長くなることを期待。

最新モデルは価格が高い?

AppleWatchの最新モデルは安くても5万以上、
高いモデルだと10万を超えてくるものも。

スマートウォッチでも高価な類で、
もっと安くて似たようなモデル続々と登場しています。

Apple製品やAppleWatchに特別なこだわりがなければ、
他のスマートウォッチでも優秀なモデルはたくさんあります。

または、
廉価版のSEモデルで試してみるものありです!

series6と比べれると、
常時表示ディスプレイがなかったり血中酸素ウェルネス機能がないということはありますが、
めちゃめちゃ機能性に大きな差があるかと言われるとそうでもないかと。

価格はSEモデルの方が全然リーズナブルなので、
最新機能が必要なくてAppleWatchをとりあえず使いたい方にはオススメ。

かなり役に立つapplewatchの便利な機能

AppleWatchを使い始めた僕が日常生活で、
実際に役に立つ便利な機能をまとめてみました。

では、みていきみましょう!

秒で終わる非接触決済

AppleWatchのWallet Appにカードを登録すれば、
秒で終わる非接触決済ができるようになります。

すでにクレジットカードを持っていれば、
まずIPhoneのWalletにカード情報を登録し、
IPhoneのAppleWatchの設定画面でカードを追加すれば利用できるようになります。

AppleWatchを使わなくてもIPhoneのWallet Appで非接触決済はできます。

ですが、
AppleWatchで支払いをしてみるとより楽なことに気づきますね。
わざわざカバンの中からスマホを探したりロックを解除をしたりする手間が省けますので。

日常生活の中でもAppleWatchのWallet Appはよく活用しています。

着信、メッセージの通知が見逃し防止になる

スマホだとカバンにしまっている場合など着信やメッセージの通知が気づきにくいですが、
AppleWatchを使うことで見逃しにくくなりました。

というのも、
着信、メッセージがあった時はAppleWatchの画面に内容が表示され、
親切に振動して知らせてくれます。

メールやLINEが確認できるので、
スマホが使えない状況だと重宝します。

僕は優先度が高くない場合はLINE側で通知オフに設定することで分けています。
手首をかえすだけですぐにメッセージを確認できるのはとてもありがたい。

良質な睡眠を管理する

AppleWatchを買うまでは自分がどんな睡眠をしているのか、
まったく気にしていませんでした。

7〜8時間寝ることができれば、
次の日のコンディションが良いなと思ってたぐらいです。

「Autosleep」という睡眠をトラッキングしてくれる有料アプリを使えば、
自分の睡眠を分析できます。

睡眠時間、良質な睡眠、深い睡眠、心拍数と細かくデータを記録してくれます。

設定で目標の睡眠時間を決めると、
それに対しての達成率をパーセントで教えてくれる便利な機能も。

良質な睡眠は健康管理のためにかなり重要な習慣なので、
Autosleepは気づかせてくれるきっかけになりました。

AppleWatchでIPhoneのカメラ撮影ができる

AppleWatchにはたくさんの機能がありますが、
個人的にAppleWatchでIPhoneのカメラ撮影をする機能が気に入ってます。

カメラにタイマーをセットして、
撮る場所までわざわざ離れる必要がなくなりました。

AppleWatchの画面のボタンを押せば、
シャッターをきれます。

動画も同様でボタンを押せば、
開始と終了ができる。

地味な機能かもしれませんが、
けっこう利便性が高いですね!

AppleWatchを買うなら最新モデルor旧モデル?

結論からいうと、
最新モデルがオススメです。

最新モデルと旧モデルで僕は悩みましたが、
最終的に最新モデルを選びました。

理由を説明していきます。

最新機能を体験できる

AppleWatch series6といえば、
血中酸素ウェルネスアプリが新たに追加されました。

新機能の良し悪しを判断するのは、
やはり自分で試してみるのが良いですね。

正直今のところ血中酸素ウェルネスアプリは僕にとって、
あまり必要ない機能かもと感じています。

でも、
買って使ってみなければわからなかったし、
もしかしたらずっと気にっていたかもしれないです。

いるいらないの判断ができたのは、
個人的にプラスな経験でした。

最新機能は新しい発見があったり、
けっこう興味深いのでガンガン使っていきたいと思います!

最新モデルは売る時に高く買い取ってもらえる

AppleWatchの最新モデルは売る時に、
高く買いとってもらいやすいです。

新品で旧モデルを安く買っても、
売るときの価格も下がります。

また、
AppleWatchはアナログ時計のように長い期間は使いづらいのが現実。

価値もあまり上がりにくく、
どちらかちというと年々下がっていきます。

時間が経つにつれ、
価値も上がらなければ寿命も長くないと考えたら、
買い替えながら使っていく必要があります。

なら、
最新モデルを購入し高く売れる時期に売って、
またその時の最新モデルを買った方がいいです。

あまりにも古いモデルを買うと、
OSのインストールが対応しないという問題が起きる可能性があります。

最新モデルを売って買い換えていけば、
新機能も試せるメリットも。

相当ひどいデザインや機能になってないかぎり、
AppleWatchは買い換える予定です。

Apple Watch6

Apple Watch SE

まとめ

  • AppleWatchはIPhoneの機能をより使いやすくしてくれるツール
  • 健康管理をしっかりしたい方にオススメなスマートウォッチ
  • 最新モデルのAppleWatch選んで新機能を試しつつ高価買取を狙う

下記の記事でApple Watchのできること&できないことを解説しています。
Apple Watchが気になっている人は合わせてどうぞ!

これで以上となります。

では、また!