【改善の余地アリ】20代で仕事が見つからない人がやりがちな行動

Improvement

仕事探しに悩んでいる20代「20代で就職活動してるけど中々仕事が見つからない。。特にやりたい仕事もないし今後どうしよう〜。自分に合う仕事の良い見つけ方ないかな?」

そういった悩みを解決します

記事コンテンツ

  • 【事実】20代で仕事が見つからない人の特徴
  • 【注意】20代で仕事が見つからないときのNG行動
  • 【就職率UP】仕事が見つからなくて心配なときに20代がすべきこと

こんにちは、シノです。

自分に合った仕事が見つからないととても不安になりますよね。

20代の積み上げが今後の人生のキャリアにも影響してくるので。

僕は新卒入社したIT企業を1年半で退職しました。

退職理由は会社での業務が自分にはあまり向いてなく、今後転職する時が不安になったからですね。

そこから自分にどんな仕事が適しているのか悩みましたね。

転職活動を通してITスキルを伸ばしたいと思ったので、再び他のIT企業に転職。

20代は自分で転職もできますが、仕事が見つからない時は転職エージェントに相談してみると視野が広がりますよ。

自分と似たような環境で仕事を探している人もいたりして、転職について有益な情報を教えてもらえます。

20代就職に強い転職エージェント

今回は20代で自分に合った仕事が中々見つからない人の特徴を抑えつつ、転職率がUPする方法についても触れていきます。

【事実】20代で仕事が見つからない人の特徴

企業に応募したりして就職活動しているのに中々採用されないのは何らかの問題があります。

そこで、20代で陥りやすい仕事が見つからない人の特徴をまとめてみました。

では、みていきましょう!

特徴その1:応募している仕事が少ない

そもそも応募している仕事が少ないと中々見つかりにくいですね。

手当たり次第に応募すべきではありませんが、多く応募することで就職できる可能性も上がりますので。

自分に合いそうな企業があまり見つからなくて、数社しか応募してなければまだまだ少ないでしょう。

他の20代で仕事を探している人で何十社も応募してたりするケースも珍しくないです

書類選考面接を突破しなければならないので、応募している仕事が少ないと就職できる可能性も上がりにくいですね。

特徴その2:相手が求めていることを把握できていない

相手が求めていることを把握できていないと仕事が見つかりにくくなってしまいます。

仕事に応募しても会社側に必要とされなければ採用されないので。

もし書類選考が中々通らなければ、採用担当者により刺さるような文章に修正する必要がありますね。

また、面接で通過しにくい人は相手が求めている答えを伝えられていない可能性が高いです。

相手が求めていることを把握できていないと、仕事が見つかりにくくなってしまうので注意ですね。

特徴その3:仕事への理想が高い

理想が高いのが原因で仕事が見つからないこともありえます。

条件が良い仕事は限れてしまったり競争が激しかったりするので。

例をあげると福利厚生が充実していて高収入な条件ですね。

上記のような条件で、仕事が中々見つからない時は一旦は考え直し、スキルを高めて転職で収入UPを目指す方が確実でしょう。

理想が高くて仕事に見つからないときは条件の見直しが必要ですね。

特徴その4:就職の対策が不足している

仕事が見つからない原因は就職の対策が不足しているかもしれません。

就職の対策は企業に採用されるためにも避けては通れない道なので。

企業リサーチ、履歴書作成、面接対策はどれもバランスよく対策していくことが重要。

履歴書や面接対策は第三者からフィードバックしもらうと対策しやすくなりますね。

内定が全然出ない時は就職の対策が不足している可能性を疑ってみましょう。

特徴その5:自己分析ができていない

自己分析はきちんとできていますでしょうか?

仕事が見つからないのは不十分な自己分析が関係していることもあるので。

自分が仕事において何が得意で、逆に何が不得意なのかを理解しておかないとですね。

面接で面接官に質問されることもありますし、企業とのミスマッチも防ぐこともできます。

あまり自己分析に自信がない人はもう一度行ってみましょう。

【注意】20代で仕事が見つからないときのNG行動

仕事探しはカンタンなことではありません。

なので、自分に合う仕事を見つけるには時間がかかります。

ただ、20代で仕事が見つからないときはNG行動をしている可能性があります。

あとで後悔しないためにもチェックしていきましょう。

仕事探しを諦める

企業から全く内定をもらえないため萎えてしまい、仕事探しを諦めるのはもったいないです。

20代はまだまだ幅広いジャンルの仕事に就職しやすいので。

諦めずに20代で仕事を探しをするメリット

  • 選べる仕事がまだまだ多い
  • 若いから仕事の吸収が早い

それぞれ解説していきますね。

選べる仕事がまだまだ多い

20代は選べる仕事がまだまだ多い時期でもあります。

企業も20代はスキルよりもポテンシャルを重要視していることが多いので。

これが歳を重ねるにつれてスキル重視の採用になっていくので、今のうちに自分に適した仕事を見つけたいところです。

実務経験がなくても未経験採用にも力を入れている企業も少なくないため、興味があったら積極的に応募していきましょう!

人生の中でも20代は異業種間で仕事を変えやすいです。

仕事の選択肢がまだまだ多いタイミングなので、20代の仕事探しは諦めない方がいいですね。

若いから仕事の吸収が早い

20代で就職するとまだ若いので仕事の吸収も早いです。

経験がなくてもこれから仕事を覚えていけば挽回していけるので。

企業側としてもこれから伸びしろがあって、まだ企業の色に染まっていない若者を求めています。

仕事を覚やすい時期かつ就職できるチャンスがある20代を諦めるのはもったいないですよね。

20代の吸収しやすさは仕事に活用していきたいですね。

どこでもいいから就職してしまう

とりあえず正社員がいいから就職してしまうのはリスクがあります。

きちんと調べずに就職してしまうと、入社してから会社と合わない感じ早期退職しやすくなるので。

また、ブラック企業にあたってしまい心身ともに壊しかねないので焦りは禁物。

長期間の就職活動となるとモチベーションを保つのも大変で妥協しやすくなります

自分の中で明らかに合わなそうな企業は入社しても、すぐに辞めてしまう可能性がありますよね。

どこでもいいから就職するのはリスクあるので気をつけていきましょう。

一人で解決しようとする

就職活動を全部一人で行うとすると長引くことも。

どこが原因で就職活動が失敗しているのか原因が判明しにくいので。

そんな時は客観的な視点で原因を分析してみるとわかると思います。

自分よりも社会経験が長い人にアドバイスをもらったり、転職エージェントにカウンセリングしてもらうことで的確な意見をもらうことができます。

一人で就職活動をしていてしんどくなったら周りの人やエージェントに相談してみましょう。

【就職率UP】仕事が見つからなくて心配なときに20代がすべきこと

次に20代で仕事が見つからないときにすべきことをピックアップしました。

よかったら参考にどうぞ!

無料相談できる!就職エージェントを活用する

まだ就職エージェントを使っていない人はさっそくエージェントを使っていきましょう。

無料で就職サポートをしてくれつつ効率よく情報取集できるので。

エージェントを使うメリット

  • 自分がどんな職につけそうか知ることができる
  • 就職について客観的な意見がわかる
  • 履歴書や面接の対策をしてくれるところもある

絶対エージェントを使って就職する必要もないので気軽に相談できますね。

非公開の求人も紹介してもらえるので選べる職の幅は広がりますよ。

20代就職で登録マストなエージェント

迷った時は複数の就職エージェント利用するのもありです!

お互い人のなので相性もあったりするので、自分に合いそうな担当者を見つけることが大切。

エージェントを活用して就職できる確率を上げていきましょう。

働く意欲をアピールできる材料を揃える

選考に通過しやすくなるためにも、働く意欲をアピールできる材料を揃えてみましょう。

20代の就職活動ではポテンシャルを見られることも多くてアピールできると採用されやすくなるので。

就職に有利な資格を取る

分かりやすい例でいくと専門の資格です。

実務経験が未経験で自分と同じくらいのレベル人が同じ職種に応募した場合、相手が資格を持っていたら相手の方が採用されやすくなりますね。

資格は実務経験がなくて心配という人にも、働く意欲のアピールに役立つので持っておくと便利ですね。

選考で働く意欲がアピールできる素材を準備することで突破しやすくなります。

応募する企業数をさらに増やす

今よりもさらに応募する企業を増やすことで採用される確率は上がります。

量を増やすことで選考に通過する可能性も高まるので。

以前転職エージェント利用したときに僕は実務経験が浅かったので、最低でも20〜30社応募するようにアドバイスをもらいました。

面接があまり慣れていない人は、受ける機会を増やせば徐々に慣れることできるかと。

選考を突破する確率を上げるためにも応募する企業の数は増やしたいですね。

20代の仕事が見つからない時間が将来を左右する

仕事が見つからない人の特徴と対策について話してきました。

今仕事が見つからない状況であっても20代はまだまだ諦めるには早いですね。

企業側も若い人材を探しているので就職できるチャンスは十分にあります。

20代で自分が何の仕事をしたいのか決めることは将来のキャリア築くための土台となるので大切です。

これから何十年目も働いていくので時間がかかっても自分に合う仕事を見つけていきましょう!

これで以上となります。

では、また!