【気づかないうちに】20代で仕事が決まらない人がやりがちな就活パターン

未分類

「仕事が全然決まらないし、20代での転職って無理なのかな〜。どうすれば転職できるんだろうか。仕事を見つけるための何かコツとかあればいいのに。」

そういった悩みを解決します

記事コンテンツ

  • 【落とし穴】20代で仕事が決まらない人がやりがちな行動パターン
  • 【20代の力を活かす】アプローチを変えて仕事が決まらない状況から抜け出す
  • 【周りと差をつける】20代で仕事が決まらないときは転職エージェントを使う

転職活動をしていて仕事が決まらないと不安焦りが出ていきやすくなりますよね。

生活がかかっていますし、転職活動するのにも移動費などでコストが必要になりますし。

僕は新卒1年半でIT企業を辞めて転職活動をしていました。

IT業界で働いている期間も長くもなく、経験も浅かったので転職活動は苦戦しました。

離職期間が長いとその分だけ転職が不利になる」と、転職エージェント人から言われ、、、。

プレッシャーをかけられつつ不安と焦りの中転職活動をしていましたね。

最終的にはIT企業に転職してWebアプリの開発を行なっています。

今回は仕事が決まらない20代がやりがちな失敗や転職するコツについて話していきます。

【落とし穴】20代で仕事が決まらない人がやりがちなこと

仕事が決まらないということは企業と自分の間でミスマッチが発生していますね。

そこで、20代で仕事が決まらない人がやりがちな行動パターン5つについて深掘りしていきます!

パターン1:自己分析が足りない

仕事を探す上で自己分析はとても重要な作業です。

分析が不十分だと自分がどんな仕事が向いているのか明確化できませんし、
企業側に自分についてアピールすることが難しくなってしまいますので。

人とあまり関わることが得意ではないのに接客や営業の仕事に応募するのは、かえって受かりにくくなってしまいますよね。

採用担当者にも「この人あまり自己分析できてないな」と書類選考や面接で思われてしまうので、自己分析は怠ってはいけませんね。

パターン2:企業研究が十分でない

転職先が決まらない原因としてあげられるのが不十分な企業研究。

薄っぺらい志望動機になってしまい相手に働きたい意欲が伝わりにくくなってしまうので。

最低限応募した企業がどんな事業展開をし提供しているサービスを把握しつつ、自分がどのように貢献できるかをおさえておいた方がいいですね。

面接では「なぜ他社ではなくうちで働きたいのか」を質問されるケースは多いですし、もし答えらないと面接官に働きたい意欲があまり伝わらないかと。

企業研究が不十分だと志望動機への説得力が薄れてしまいやすいので気をつけていきたいですね!

パターン3:応募数が少ない

そもそもの応募企業数が少ないと中々仕事が決まる確率は増えませんね。

応募数を増やせばその分選考を通過する確率も上がります

手当たり次第に仕事を応募するのは採用に受かりにくくなりますが、視野を広げて応募することも大切ですね。

20代の転職活動している人で何十社も応募している人は珍しくありません。

応募数が少なすぎないか確認してみましょう!

パターン4:自分の印象がマイナスになっている

気づかないうちに自分の印象がマイナスになっていることも。

相手にマイナスな印象与えてしまう3つのポイント。

  1. メールの返信が遅い
  2. 清潔感がない
  3. 言葉づかい

採用担当者から書類選考や面接以外で、採用ポイントとして評価されているところはありますね。

メール返信が遅い人は実際の仕事でもレスポンスが遅い人だと思われてしまうので注意が必要。

自分が気づかないうちにマイナスな印象になっていないか見直していきたいですね。

パターン5:面接対策が不十分

ちゃんと面接対策はできていますでしょうか?

緊張したりして面接で自分の力が100%発揮できないと、採用されにくくなってしまいますね。

自分で面接時に伝えておきたいことを事前に用意したものの、本番で緊張してしまい話したい内容が出てこないこともありえます。

書類選考は通過するけど面接で落ちてしまう人は、面接の対策をしっかりすることで採用される確率は上がりますね!

いつも面接で落ちてしまう人は面接の何が苦手かを洗い出していきましょう!

【20代の力を活かす】アプローチを変えて仕事が決まらない状況から抜け出す

仕事が決まらない状況から抜け出すには、自分の苦手な部分を改善していく必要がありますね

同じことを繰り返しても同じ結果になってしまうのでアプローチ方法をかえていきましょう。

自分が弱い部分を改善していく

まずは自分が弱い部分を改善していくことが効果的です。

転職活動で弱い部分を改善することで選考に通過する確率も上がるので

第三者にチェックしてもらう

書類選考の通過率が悪いときは転職経験者や転職エージェントにチェックしてもらうと、修正ポイントが分かりますね。

僕はネットで履歴書職務経歴書の書き方について調べて自分で書いていたので、客観的に読みやすいかはわかりませんでした。

添削をしてくれる人が周りにいなかったので、転職エージェントに助けていただき内容や言葉遣いを修正してもらいました。

無料で履歴書や職務経歴書の添削してもらったので、とても便利で有り難いことですね。

そのおかげで履歴書や職務経歴書がだいぶ見やすくなりました

自分の弱い部分を改善していくことで選考の通過率もUPしやすくなりますね。

企業側のニーズを理解する

応募する際に企業側のニーズを理解しておかないと落ちやすくなってしまいます。

企業側が求めているものを自分が提供できなくなってしまうので。

採用のときに20代は経験やスキルよりもポテンシャルを優先してみられるという話を聞きますが、少しの経験やスキルは武器になります。

未経験でチャンレンジする人よりも信頼が担保されやすいからですね。

資格取得で働く意欲をアピール

もし未経験の職種に応募するときは資格が便利ですね。

応募する職種に関係がある資格を取得しておくことで働く意欲をアピールできます。

企業のニーズを理解しないまま選考に挑み続けると、失敗しやすくなってしまいます。

視野を広げて仕事を探す

仕事が全然決まらない場合は、視野を広げて仕事を探すのも重要

はじめから仕事を絞りすぎては視野も狭まるので。

特別の事情がなければ、20代で自分に向いている仕事を探すのもありですね。

僕は新卒で客先常駐型のエンジニア職に就職しました。
ですが、会社が自分とは合わずに1年半ほどで退職しています。

またIT業界では働きたいとは思いつつも同じ職種では働きたいとは思いませんでした。

そのため、自社でWebアプリの開発を行う企業に転職。

IT業界も幅広いと思ったのではじめから絞りすぎず、様々な職種に応募しましたね。

視野を広げることで自分にはどの職種が向いているのかを選ぶことができました。

【差をつける】20代で仕事が決まらないときは転職エージェントを使う

仕事が決まらないと思ったら早めの段階で、転職エージェントを使ってみることをオススメします。

転職サポートのプロに相談することで自分の問題点が分かり仕事が決まりやすくので

第二新卒で転職活動してみる

新卒入社して3年くらいまでに転職活動をすると、第二新卒という形で転職活動ができたりします。

第二新卒を歓迎している企業はまだ経験やスキルがないと理解しつつ、働く意欲やポテンシャルに注目し採用活動を行っています。

企業を成長させるためにもこれから育つ人材を企業側は求めています。

転職サイトでもちょくちょく「第二新卒歓迎」の項目を見かけるので、応募してみると採用される可能性が高まるかもです。

≫【おすすめはココ】第二新卒の転職エージェント選びでもう迷わない

エージェントを活用し転職活動をスムーズに進める

転職エージェントを活用することで転職活動がスムーズに進みやすくなります。

仕事を探している側は無料で相談できたりサポートしてもらえるので

カウンセリングを通して自分に合いそうな企業を紹介してくれます。

履歴書、職務経歴書の添削から面接対策まで行ってくれる転職エージェントもあります!

転職エージェントから紹介された企業を、必ずしも選ぶ必要はないので気軽に相談できます。

効率よく転職活動進めるためにも複数登録しておくと便利ですね。

20代転職におすすめなエージェント

転職サイトで掲載していない非公開求人も、転職エージェントから紹介してもらえるので選べ幅も広がりますね。

エージェントが自分と合わないかどうか不安に思うかもですが、合わないと感じたら担当エージェントを代えたいと言ってもOK

複数のエージェントを使うことで比較できますし、自分にピッタリなエージェントを見つけていきましょう!

まとめ:今は仕事が決まらなくても絶対諦めない

20代で仕事が決まらない人がやりがちなミスと対策について話してきました。

まだまだ20代は仕事を選ぶ幅が広いタイミングです!

僕は離職してからの転職活動は中々仕事が決まらなく悩みましたが、
諦めずに仕事を探し続けたら自分に合いそうな仕事が見つかりました。

チャンスがある20代は転職活動を諦めてはいけませんね

探し続ければきっと自分に合った仕事が見つかります!

これで以上となります。

では、また!