WordPressのブログテーマを途中で変更するのは大変【でもやる価値あり】

Technology

ブログテーマを変えたい人「そろそろブログ慣れてきたしWordpressのテーマ変えたいな〜。だけど、変更中に記事表示されなくなったらやだな。。うまくテーマを移行する方法が知りたい!」

そういった悩みを解決します

記事コンテンツ

  • WordPressでテーマを変える前にやるべきこと
  • 失敗せずWordpressでテーマ変更する手順
  • テーマ変更をするベストなタイミング

ブログを始めてある程度慣れてくると、
「より良いサイトにしたいな〜」という気持ちになります。

そこでブログの印象を左右するのがテーマ。

記事を書いているうちにもっと見やすいデザインにしたいと思い、
僕は思いきって有料のテーマに変更しました。

ブログをはじめた頃は無料のテーマで十分だと感じ、

「慣れたらテーマ変更をしよう!」

と考えてました。

ブログを始めてからしばらく経ってのテーマ変更は予想以上に大変。。

今回はWordpressでテーマを変えるコツやタイミングを紹介していきます。

WordPressでテーマを変える前にやるべきこと

ブログのデザインを変えたい一心に、
すぐにテーマ変更を行うのはけっこう危険です。

自分で書いた記事を崩さないためにも準備が大切。

早く新しいテーマを使いたい気持ちはあると思いますが、
失敗しないためにも安全策でいきましょう!

仮想環境作成してテーマ変更を試す

まずは仮想環境を作成してテーマ変更を行います。

本番環境(いつも自分が記事を書いている環境)とは別にツールを使って、
ブログを作れば壊れたとしても最悪の事態は防げるからです。

ネットで「wordpress 仮想環境」とググると、
XAMPP、LOCAL、VCCWなどの環境がヒットします。

個人的に使ってみて一番カンタンな設定だったのは、

間違いなくLOCALです。

正式名称は「Local by FlyWheel

設定がチョーカンタンで、
初心者でもすぐに使うことができます!

無料かつテーマ変更を確認するのに、
十分な環境を手軽に設定できるので文句なしのフリーソフト。

僕はMacのパソコンを使っていますが、
WindowsやLinuxにも対応しているためとても便利です。

はじめて使う時は設定内容を理解するために、
少し時間がかかるかもしれませんが、
慣れると10分くらいで仮想環境ができちゃいます。

仮想環境の構築は失敗してもやりなおしができるので、
僕はテーマ変更を行う際には必ず使うようにしてます。

ブログのバックアップをとっておく

仮想環境でテーマ変更を試し問題なかったとして、
いよいよ自分のブログでテーマを変更していきます!

その前にですが、
バックアップはとっておくべきです。

もしかすると予期せぬトラブルで、
ブログが真っ白になってしまう可能性もあるので。

面倒に感じるかもしれませんが、
やっておいては損はありませんよね。

WordPressでは大きく分けて2つのバックアップ方法があります。

  • FTPソフトとWordpressのエクスポート機能を使う
  • プラグインを使う

楽にカンタンに設定しバックアップをとるなら、
プラグインがおすすめです。

プラグインをインストールして、
あとは細かい設定を少しすれば終わります。

僕の場合は極力プラグインをインストールをしたくなかったので、
FTPソフトを使用してWordpressのエクスポートを行いました。

手順を理解すれば難しくないものの、
正直FTPソフトの環境構築にちょっと時間がかかりますね。

ファイルの転送について知りたい方は学習も兼ねて使って見るのもアリかと。

WordPressからではなくサーバー側に直接テーマをアップロードする時に、
活躍したりします。

繰り返しになりますがトラブルが起こってからでは遅いので、
ブログのバックアップはとっておきましょう!

失敗せずWordpressでテーマ変更する手順

仮想環境でもテーマを試してブログのバックアップをとったところで、
やっとwordpressでテーマを変更していきます。

wordpressであれば、
外観→新規追加→テーマのアップロードという手順で、
新しいテーマをアップロードしていきますよね。

ただ、
変更後にテーマの設定をしなければいけない時があります。

失敗しないためのテーマ変更するコツを紹介していきます!

Theme Test Driveを準備しておく

Theme Test Driveとはブログテーマを変更するときに、
大活躍してくれるプラグインです。

変更中にサイトに訪れた読者には、
変更前のテーマがそのまま公開されています。

つまり、
こっそりテーマ変更ができちゃうわけです!

管理画面のプラグイン→新規追加→プラグインの検索の流れで、
「Theme Test Drive」をインストールし有効化します。

有効化すると外観のところに、
Theme Test Driveが表示されるのでクリック。

そして、
設定するのはテーマ選択とアクセスレベルのみ。

アクセスレベルは以下に分かれています。

10(管理者)
7(編集者)
4(投稿者)
1(寄稿者)

特に指定なければ10のままで大丈夫です。

「Enable Theme Drive」を押せば有効化になり準備は以上。

あっというまに設定が完了しますよね。

とりあえず、
テーマ変更している間ブログに訪問している読者は、
変更の前のテーマで表示を見ている状態なので安心して新しいテーマの設定ができます!

記事が綺麗に表示されているかチェック

新しいテーマの設定をしている時に、
記事も綺麗に表示されているかチェックしておきます。

見出しや改行は問題なさそうでも、
画像がおもいっきり変な場所に配置されていることもあるので。

僕がテーマ変更した時は、
画像が一枚のみ表示されてたはずが、
同じ画像が二枚連続で出ていました。

dobule_image

幸いにもまだブログの記事数がそこまで多くはないので、
修正しやすいと思いつつ作業しているとけっこう大変です。

また、
タグも変更したのですが中々時間がかかりました。

新しく導入したテーマが、
強調する黒太字にはstrongを推奨していたので全記事変更。

もともとboldを使っていましたが、
SEOの都合でstrongがおすすめとあったので合わせました。

サイトによってはboldとstrongはSEO対策に差がないと、
説明しているケースもあるのでハッキリしないところはありますが。。

前のテーマをけっこう自分なりにカスタマイズしていたため、
修正箇所が多く対応が大変でしたが綺麗にすると達成感があります。笑

サイトをレベルアップするため漏れないがないように、
テーマ変更の際は記事も1つ1つチェックしています!

テーマ変更をするベストなタイミング

WordPressでブログを続けていくうちに、

テーマを変更したいな〜

とふと思ったりします。

そして、
変更する時に悩むのがテーマを変更するタイミング。

今回テーマ変えてわかったことは、
なるべく早いタイミングにするべきです。

もうちょっと深掘り行きます。

今がテーマ変更のベストなタイミング

もし特別な理由がない場合は、
テーマ変更は今がチャンス。

なるべく早い段階でテーマを変えることで、
修正する範囲が抑えられるからです。

サイトを見やすくしたいと思い、

Lion media → Manablog Copyにテーマを変更しました。

その時に、
タグの修正がめちゃめちゃしんどかったです。。

始めた頃はブログの記事の書き方やテーマのカスタマイズを意識せず、
けっこう自由に管理していたので直すべき点がたくさんありました。

変更のタイミングが早くするメリットが、
修正量を無駄に増やすことなくできたことです。

先延ばしすると負担が多くなります。

記事数が増えた分だけ修正する箇所は出てきますし、
使ってないクラス名などの洗い出しも大変だったり。

そのため、
迷っていたら今テーマを変えるべきです!

無料と有料テーマで迷ったら

ブログを始めた時から有料テーマに手を出すのは、
勇気が入りますがアリです。

購入するというリスクはありますが、
早い段階で良質なテーマ触れることができ、
わざわざ途中でテーマの変更をせずに済むからです。

「ブログ超初心者は有料テーマ必要ないから、
後で欲しくなったら買おう。」

と思ったりします。

ですが、
長い目でブログを続けていくとなれば、
自己投資になります。

ブログを始めた頃の僕はおすすめな無料のテーマを探していました。

無料で優秀なテーマがあるのに、
わざわざ購入する必要があるかと感じていたので。

ブログといえば、
記事内容の質が最重要ですが、
読者の気持ちになった時見やすいデザインの方が読みやすかったりします。

有料テーマだとオリジナルのデザインも多く、
無料よリも使っている人が少なくなるので差別化になります。

もし無料と有料テーマで迷っていて、
ブログを長く続ける予定なら有料テーマを選択することは無駄になりません!

まとめ

  • テーマを変更する前に仮想環境で新しいテーマを試す
  • ブログバックアップをきちんと準備しておく
  • テーマ変更のタイミングするなら今すべき

以上となります。
では、また!