【わかりやすく解説】履いたらクセになるコンバースCT70の魅力とは!

Entertainment

「CT70、コンバースの海外企画、三つ星のコンバースとか聞くけどどういう意味?コンバースのオールスターって日本と海外でそんなに変わるの?」

そういった疑問を解決します

記事コンテンツ

  • 海外企画のコンバースってなんぞや?CT70を知っておこう!
  • 日本と海外企画のコンバース(オールスター)の違いを解説!
  • 日本でカンタンにコンバースCT70を手に入れる方法

インスタや古着ブームの影響で、コンバースのオールスターシリーズの人気が上昇中。

ぼくもオールスターファンでスニーカの中でもダントツでコンバースが多いですね。

バカ高い価格ではないので色や柄違いで欲しくなり、集めてコレクションにしたくなっちゃいます。

とくにConverse×PLAYのコラボが気に入っていて、
現在は3種類集めました。

今回は日本と海外企画のコンバースの違いについて紹介していきます!

海外企画のコンバースってなんぞや?CT70を知っておこう!

はじめにCT70(シーティー70)と聞くと何かの機械の型番にも聞こえなくないですが、
「チャックテイラー70」というのが正式名称です。

略称でCT70(シーティー70)と呼ばれたり。

歴史を遡ること、1917年にバスケットボール専用シューズとしてオールスター(チャックテイラー)が誕生します。

バスケットボールのスタープレイヤーだったチャールズ・H・テイラーは、
現役時代もオールスターを履き、その後も魅力を多くの人に伝える活動や品質向上に努めました。
コンバース側は彼の功績を称えて、1946 年にアンクルパッチに「Chuck Taylor」の文字を刻みます。

ちなみに、チャックテイラーはオールスターと別に思われがちですが、
オールスターの中にChuck Taylorシリーズが含まれています。

CT70は1960年後半から1970年前半のバスケットシューズであったレトロモデルを丁寧に再現し、
厚めのキャンバス生地、クッション性、サイドのステッチなどスポーツシーン向けに作り込まれているのです。

そのため、現地で買っても現行のコンバースより数千円高かったり。。。

クオリティとデザイン性に優れいているのでちょっと価格が上がるのは納得できます。

100年以上歴史ある老舗コンバースが愛され続ける理由がわかります!

日本と海外企画のコンバースの違いを解説!

CT70(チャックテイラー70) 日本企画のチャックテイラー

前提として日本のコンバースと海外のコンバースは会社が異なります。

海外はNIKEがコンバースの商標権を持ち、日本では伊藤忠商事がコンバースジャパンを運営しています。
そのため、CT70の輸入規制がかかっていて、海外から輸入して国内で自由にCT70を販売できません。

個人的にはなるべく「アディクト」や「made in Japan」のモデルを販売するための戦力と思っていますが…

ルックスからも2つの違いがけっこうわかりやすいです。

細かい違いもあるので、日本と海外のオールスター(チャックテイラー)を比較してみましょう!

生地

CT70(チャックテイラー70) 日本企画のチャックテイラー

同じコットン100%の素材ですが、日本企画は柔らかめで海外企画はハリ感のある生地になっています。
海外企画のハリ感が最初は抵抗あるかもしれませんが、慣れるとクセになる美しさ。
何度も履いても形がくたりにくく、キレイなシルエットを保ってくれますね。
また、サイドには当時の名残でバスケットボールプレイ中の強い衝撃に耐えるため、
内側からあて布がしっかり施されています。

海外でも他のオールスターが売られていますが、コスパを考慮してCT70をオススメします!

シューレース

CT70(チャックテイラー70) 日本企画のチャックテイラー

シューレースの違いはとてもわかりやすいですね。
日本企画は化学繊維、海外企画はコットン100%のシューレースを採用。
シューレースの違いは地味に見えますが、とても重要です。
コットン100%の素材を使うことで印象がガラッとかわります。
靴のメイン素材がキャンバス生地をつかっているので、靴紐もコットンにすることで一体感が生まれオシャレです。
履いていくうちにコットンの風合いを楽しめるので、シューレースはとても大切!

カタチ

CT70(チャックテイラー70) 日本企画のチャックテイラー

つま先の部分が全然違うのがお気づきでしょうか?
マルイ印象が日本企画で、尖った印象なのが海外企画。
意外とパンツと合わせたときにコーディネートの雰囲気がちがって見えます。
ラウンドかシャープが好みかで別れるところだと思いますが…
つま先が艶ありとなしでカジュアル感も違いますね!

ヒールラベル

CT70(チャックテイラー70) 日本企画のチャックテイラー

CT70と日本のチャックテイラーの違いが分かりやすいヒールラベル。
ラベルのデザインから「三つ星」なんて呼ばれることも多いですが、めちゃめちゃかっこいい!
艶のあるゴム素材に筆記体で「Chuck Taylor」と書かれ、星がブランド感を高めています。

クッション性

履いてみたらすぐに実感できるのですが、CT70のクッションはフッカフカ。
長く歩いていても疲れにくく、履き心地がかなりいいですね。
キングオブクッションスニーカーのニューバランス990v4を持っているのですが、同じくらい快適!
CT70のルックスも推していますが、やはりクッションを含めた機能性も大きな魅力ですね!

日本でカンタンにコンバースCT70を手に入れる方法

国内外で売られているチャックテイラーの違いを紹介してきました。

ジャパンコンバースのオフィシャルサイトで変えなくても、
CT70のスニーカーを日本で手に入れる方法はいくつかあります!

オンラインストアで購入

ズバリ、ECストアが一番買いやすいですね。

オススメのオンラインストアをリストアップしてみました。

海外のオンラインストアを中心に載せましたが、
限定モデルや日本では手に入らないデザインがたくさんあります。

レートの関係で価格が上下することがありタイミングが大切。
また、上の海外のサイトだとsaleでめちゃめちゃ安く良いデザインを買えたりしますよ!

気をつけなければいけないポイントが「商品代金」「消費税」以外にもかかるということ。
付け加えて、「国際送料」「関税」「通関手数料」が発生する可能性が大です。

予想の1.5倍の価格になることもよくあることなので、あらかじめ計算しましょう。
となると、「楽天」や「アマゾン」で購入した方がいいこともあります。

海外のサイトはスニーカーの価格だけ見れば安く感じますが、
日本で個人輸入してる人から買った方がお得なことも。

人気なアイテムなので偽物も多く出回っているので見極めが必要です。

街の古着屋で購入

最近CT70を古着屋さんで取り扱っているところも増えています。

スニーカーの古着はあまり使いたくない人にも安心で、
新品未使用の状態で売られていることも。

古着が集結している「原宿、下北沢、高円寺、代官山」などはCT70が置いてある可能性が高く、
散策してみるもありだと思います。

実店舗で買うメリットは試着ができることです。
とくにCT70は普段履いている日本企画のチャックテイラーよりも少し大きく感じます。

ワンサイズくらい大きく履いてもシャープなシルエットでキレイに見えるのでオススメです。
CT70は本当に細かくつくりこまれているので、実際に手にとってみれば良さが伝わってきますね!

フリマアプリで購入

CT70を探しているのであればフリマアプリをのぞいて見るもアリです!

個人が管理してるだけあって出品数も豊富で、価格交渉も可能だったりします。
また、過去に販売されたデザインや限定モデルも手にはいたっり、使い勝手がいいですね。

気をつけなければいけないのが、「タイミング」と「偽物」

個人が出品しているので在庫がなく1点物が大半。
他の出品者が同じ価格で同じ状態のCT70を出品していれば理想ですが、そんなことは中々ありません。

人気なモデルは他の人も目をつけてることが多いので、タイミングはとても大事。

そして、もう一つは「偽物」の可能性です。

やはり実際に目で見て触ってないので本物かどうかは判断しにくいと思います。

あまりにも安いCT70には手を出さず、やはり定価近くで購入するのが無難ですね。