【急がば回る】英語の勉強が飽きた方に!モチベーションを取り戻すには

Improvement

「英語の勉強をはじめて3ヶ月経つけど、そろそろ飽きてきたな〜。流暢な英語を喋れるのが目標だけど、あまりやる気がおきん。モチベーション上げるためにも、継続するコツとかないかな…。」

そういった悩みを解決します

記事コンテンツ

  • 英語の勉強が飽きるのをネガティブに捉えない
  • 英語の勉強が飽きた理由を考える
  • 英語を勉強する環境をかえてみる

相当強い意志や興味を持ってないと、
英語を勉強していて飽きることってありますよね

勉強していても結果が目に見えてこないと、中々継続するのが難しい。

ぼくは大学で英語と英米文学が一緒になった学科を専攻して、
今は中小のIT企業で働いています。

大学時代は旅行が好きだったりして、
ワーホリで1年間カナダに住んでいたりしました。

ですが、新卒で働き出してから英語を使う場面があまりなかったため
英語力を保つには自分で勉強するしかありません。

正直、義務教育から何年間も英語を勉強していても飽きはきますね…。

そんなときのために、英語の勉強が飽きてもモチベーションを高める方法を紹介していきます!

英語の勉強が飽きるのをネガティブに捉えない

そもそも、英語の勉強が飽きるのネガティブなことではないです。

英語に関連する職種を除いて、
普通に日本で生活していたら英語はほとんど使う機会ないですよね。

ぼくは社会人2年目で日本の企業に勤めていますが、
めったに英語なんて書くことはありませんし、
ましてや外国人相手に話すこともないです。

ただ飽きたからといって英語の勉強をギブアップするはもったいないですね!

1つのことをずっと継続するのはシンプルに見えますが、とても難しいことです。

中でも英語などの語学は、
一朝一夕で伸びるスキルでもないですよね。

よく言われるのが語学とスポーツは似ていて、
継続と反復練習がスキル向上には必要。

最初は道具の名称や使い方がわからず、
基礎を身につけ長い過程をえてレベルアップしてきました。

その過程では日によってあまりやる気がおきず、ときには飽きてくることも。

なんだかんだ真面目にコツコツ続けることで、
初心者の頃よりもけっこうレベルアップしていることに気づきましたよね。

英語も似ていて初めてすぐはやる気に満ち溢れているものの、
ある時期から急に飽きがくるのです。

そのときも自分を責めず、
原因を考えつつ地味に継続していくことが大切です!

英語の勉強が飽きた理由を考える

英語の勉強が飽きたからといってスパッとやめるのはもったいない。

せっかく自分の時間を割いて初めてのですから、
試行錯誤しつつ続けるべきだと思います。

なので、飽きた原因を考えて勉強方法をかえてみれば、
またモチベーションが上がるかもしれませんよね!

机に向かってずっと勉強してる

英語の勉強が飽きる典型的な例は、
机に向かってずっと勉強してることです。

学校でも散々文法や単語を座学で学び、
中には塾でもミッチリ学習していた人がいるのではないでしょうか。

ですが、独学で英語を勉強している人は、
辛ければわざわざ机で勉強しなくてもいいかと。

ぼくは就活のためにTOEICの勉強していましたが、
参考書の問題をずっと解いてても飽きてきて…。

毎日机に向かってもあまりやる気がおきませんでした。

なので、リスニングは海外ドラマを観たりPodcastを聴いたりつつ
シャドーイングしながら勉強し、マンネリ化を防ぎました。

ぼく自身がもともと机に向かってずっと作業できるタイプでもなかったため、
英語の資格を勉強するにしても一工夫必要でしたね。

ガリガリ机の上で勉強していても飽きる人は、
少しやり方をかえてみるのもモチベーションUPに繋がります。

目標と勉強方法があってない

目標と勉強方法があってないと英語の勉強は飽きやすくなります。

というのも、
真面目に勉強していても結果が出にくくやる気がそがれるから。

英語を勉強する理由が、

外国人の友達をたくさん作り、そのときの会話で英語をつかいたい!

とします。

勉強方法はというと、
本屋で仕入れた英語初心者向けの参考書、ラジオ、Youtubeで勉強してるとします。

もちろん基礎を学ぶことはとても重要。

しかし、教材や動画でずっとインプットしたままでは、

会話のテンポにあった英語のスキルアップはハードですし、外国人の友達が1人もできません

英語を1人で勉強している時は、
スポーツでいう自主トレーニングしている段階に似ていて、
相手と英語で話すようになるとやっと試合に出るレベルになります。

自主トレーニングだけでは試合の緊張感や雰囲気を掴むことは難しいため、
機会があればチャレンジしていくのがオススメです。

自信がなくても外国人と交流するタイミングは、
英語を勉強し初めてすぐで問題ありません。

というのも、
英語のコミュニケーションスキルは実践が一番伸びやすいです。

最初は外国人と英語で話すのは緊張するし、
相手が何を言ってるか完璧に理解するのは難しい。

そこで、挫けずトライ&エラーを繰り返すことで、
少しずつ英語力が上がって会話のスピードに慣れてきます。

英語を勉強していて目標が中々達成できないときは、
思いきって勉強方法をかえてみましょう!

英語の勉強を1人でがんばりすぎる

英語の勉強を自分だけで黙々としているのも飽きる原因。

やはり、英語を勉強する上で仲間がいた方が楽しくて続きますし
相手から吸収できて情報共有も可能です。

一緒に英語を勉強する仲間を探す方法だと、
SNS」「マッチングアプリ」「英会話カフェ」「英会話教室」がありますね!

個人的には「マッチングアプリ」が使いやすいかなと。

気軽に使えて、仲間を探しやすいからです。

英語が話せる外国人と必ずマッチングできるかはわかりませんが、
日本に来ている外国人と交流できつつ、英語を話す機会も増えます

外国人と交流するのにマッチングアプリの活用はとても便利で、
日本でマッチングアプリをしているということは、何か日本のことに興味がある可能性が高い

そのため、自然に日本ネタを話しやすく、海外で外国人と話すよりも緊張しない環境ですよね!

飽きてきたと思ったら1人で英語の勉強を頑張り続ける必要はなく、
仲間を探すことで新しい刺激になってもっと楽しくなります!

英語を勉強する環境をかえてみる

中々英語の勉強がはかどらない時は、
環境をかえてみるのも効果あります。

人だれしも同じことをずっとしていると飽きやすく、
とくに英語の勉強は長い道のりからしても代表的な例ですね。

そこで、モチベーションを取り戻すために、

個人的にオススメな方法を3つ紹介!

Youtubeを活用する

英語を勉強するにはYoutubeは欠かせない存在です。

エンターテイメントからビジネスまで幅広いジャンルの動画が揃っていて
自分が興味ある分野が見つけやすいからです。

興味があれば英語で見ててても飽きにくく、
理解できるように慣れば英語のスキルと知識がつくという一石二鳥

ぼくはもともとニュースがあまり興味がなく、
海外のニュースもいっさいチェックしていませんでした。

世の中のことをもっと知るために、
もっと海外ニュースを見た方がいいと思っていたものの、なかなかうまくいかず。

そんなときに「Daily Show」というYouTubeチャンネルを見つけ、
見ていくうちにどんどんハマりました

アメリカのニュース風刺番組で司会者のトレバー・ノアのがめちゃめちゃ面白く、
時事ニュースをユーモアあるジョークを混えつつ紹介しています。

日本には中々ないタイプの番組で、英語字幕で見てもとても楽しい

YouTubeで自分が興味を持ったことを英語で探すと、
選択肢が増えて面白い番組にも出会えるのでオススメです!

動画サブスクリプションサービス

海外ドラマ・映画をみて英語を勉強したい方はぜひ使ってほしいサービスです。

代表的な動画サブスクリプションサービスというと、

Hulu」「Netflix」「Amazon Prime」が有名どころ。

ぼくは最初はHuluに入っていましたが、
現在はNetflixにチェンジしました。

どうしてもNetflixオリジナルのドラマがみたかったので。笑

略してサブスクと呼んだりもしますが、
入っておくととてもメリットがあって便利!

サブスクの特徴は、
月額1000円くらいで配信されている動画は見放題

ビデオ、DVDをレンタルしていた世代としては、
夢のようなサービスでもあります。

また、海外ドラマに出てくるフレーズは、
日常的に使える表現も多かったりします。

ちなみに、Netflixでオススメな海外ドラマ下記の記事で紹介しています。

よかったらチェックしてみてください!


»【おすすめ】Netflixで見逃したくない、人気海外ドラマをチェック!

そのため、気になったフレーズはメモして何回も発音の練習をして
実際の会話でも試したりしてました。

伝わった時はけっこう嬉しくて、「また頑張ろう!」と思えます。

日常会話のボキャブラリー、リスニング、スピーキングを鍛えたい方には、
とても有益なコンテンツですね!

趣味を英語で説明できるようにする

自分の好きなことや趣味を英語で説明できるととても役立ちます!

自己紹介でも使える内容ですし、
調べていくうちに英語のボキャブラリーも増えていくので

1年ちょっと前からジムに通うようになり、
英語で筋トレのことを考えれば話せることも増えるじゃないのかな?
と思いつつ、ネットで表現や単語を調べました。

最初に筋トレは”work out”(ワークアウト)だとことから知って、
次に筋肉痛は”muscle pain”ではなく、”sore “を使うなど地道に覚えていきました。

やはり趣味レベルだと頻繁に行うので、
趣味と英語がリンクし表現や単語を思い出そうとするため暗記しやすいですね!

海外ではジムに通っている人が多かったり、
日本でも人気があったりするので話の話題としてのメリットも。

趣味を英語で説明できることは、
自分の英語力アップにもなりますし話のネタにもなります

興味のないことを英語で無理やり覚えることよりも、
自分の好きなことを詳しく説明できる方が飽きにくくて効率的ですね!

以上、英語の勉強が飽きたときのモチベーションアップの方法を説明させていただきました。

飽きることはけっしてマイナスなことではなく、
他の方法を考えるチャンスのタイミングでもあります。

なので、すぐにギブアップせず寄り道しながら進んでいきましょう!