【仕事辞めたい】第二新卒のタイミングを逃すと転職のレベルがかなり上がってしまう

Lifehack

会社を辞めたいと思っている新卒社員「今の仕事このまま続けていいのか迷うな〜。正直、職種が自分にあっているのかよくわからない。。辞めたいと思うこともあるけど、新卒入社して経験が浅いのに転職ってできるのかな〜。」

そういった悩みを解決します

記事コンテンツ

  • 仕事辞めたい!第二新卒で転職活動に潜むリスクを理解しておく
  • こんな理由で辞めたい方はOK!第二新卒での転職をチャンスに変えていこう
  • 辞めたい気持ちを原動力に!第二新卒として転職するコツ

新卒で入社した会社で働いているときに、今の仕事が自分にあってないのかもと思って、辞めたいと感じる人は少なくないですね。

就職活動を頑張ったのに仕事が合わないから辞めるなんて。。」と考えてしまうかもですが、仕事は実際に働いていみないと自分との相性がわかりません。

僕は新卒でIT企業に就職しましたが、会社が自分と合わず1年半でエンジニア職を退職しました。

新卒で早期退職し転職するのはリスクが高いと聞いていましたが、それでも前の会社で働き続けるのは厳しいと思ったので辞めました。

初めての転職を経験してみることで、新卒で早期退職し転職活動をすることの良し悪しはよく理解できましたね。

そこで今回は新卒の仕事を早期退職し、第二新卒で転職活動するリスクや成功させるコツについて解説していきます。

仕事辞めたい!第二新卒で転職活動に潜むリスクを理解しておく

最近では新卒入社して数年で転職する場合は「第二新卒」という枠で企業に応募できたりします。

企業側として基礎的なビジネスマナーを身につけていること企業の色にまだ染まっていないことで今後の成長に期待ができると思って採用することが多いようです。

第二新卒枠で募集をしている企業は増えていますが、第二新卒として転職する時のリスクもあるので後悔しないためにも抑えときたいですね。

転職を失敗しないためにもチェックしていきましょう!

リスクその1:転職でブラック企業に入ることも

慎重に企業選びをしないとブラック企業を選んでしまうことも。

いつもしないような判断でも、焦っている状況では誤って判断をしてしまうこともあるので。

例えば、以下のような状況ですね。

  • 今の職場が合わなすぎて一刻も早く転職したい
  • 離職中のためすぐに就職したい

転職したい状況だからこそ慎重にいきたいですね。

今の職場が合わなすぎて一刻も早く転職したい

新卒で入社する前と後で仕事へのギャップは少なからずあるでしょう。

仕事をしていくうちに自分には今の仕事が合わないと感じ、転職をしたくなる気持ちになりやすいですね。

今の仕事への不満が募り一刻も早く転職したくなるかもしれないです。。

でも、今の仕事が合わないからといって企業選びを怠ると、ブラック企業を選んでしまう確率が上がります。

転職したい気持ちが強い時だからこそ企業選びは余裕を持ちたいところです。

離職中のためすぐに就職したい

転職で誤った判断をしやすいのが離職中の転職活動。

十分な貯金があれば問題ありませんが、そうでない人はすぐにも就職したいと思います。

急いで就職をしないといけない状況では、誰でも判断力が低下しやすくなりますよね。

いつもはしないような誤った判断をしてしまう可能性も高くなります。

新卒であまりスキル、実績がない人にとって、転職をするためには離職期間はとても重要。

離職期間が長い人ほど転職しづらくなります。

リスクその2:転職で悩みが解決される保証はない

仕事での悩みが転職で解決される保証がないことは、理解しておいた方がいいですね。

給料面は転職の時に交渉しやすいのですが、人間関係や業務は入社してみないと分からないので。

ノーストレスで働くことよりも自分の中で妥協できるポイントを決めて働くことで、精神的な負担を減らすことができます。

完璧な職場を求めない

求すぎて自分に合う完璧な職場で働きたいと思うと転職のハードルが高くなりますね。

転職した時の悩みが解決されても、新たな悩みが出てくることもあるので。

前の職場では仕事に物足りなさを感じて、より成長できる環境に身をおきたいと思い転職したとします。

様々な仕事を任せてもらえて経験値も溜まりつつ、スキルが蓄積されることは期待できますね。

ですが、作業量が増えて残業も多くなるというハードな環境に身をおく覚悟はしていた方がいいかもですね。

バリバリ仕事したい環境では似たような環境を求めている人が集まるので、職場が自分とは合わないと感じると浮いた気持ちになってしまいますね。

転職することで今の悩みを解決しても、新たな悩みが出てくることがある可能性も把握しておくことが大切です。

リスクその3:給料が下がる可能性がある

新卒入社して数年で転職すると給料が下がる可能性があります。

未経験で異職種に転職した時に起こりやすいですね。

とはいえ転職時は給料が下がっても、スキルを身につけることで今後の給料の上がり方は変わってきます。

未経験で転職すると給料が下がりやすい職種

新卒で就職した会社を辞めて、今度は他の職種でチャレンジしたいと思うことはあるかと。

その時に、未経験で転職すると新卒の時の給料よりも下がりやすい職種は以下ですね。

  • エンジニア
  • Webデザイナー
  • Webマーケティング

上の職種はスキルや経験がかなり評価されるので、未経験で転職しようとすると給料が下がるケースが多いですね。

ですが、仕事をしていく中でスキルを高めていくことにより、今後転職する時の給料の上がり方も期待できます。

短い期間で考えると未経験で異職種に飛び込むのは収入が落ちるかもしれません。

とはいえ、需要があるスキル将来の転職に有利になるので、最初は耐えて手に職をつけてみるのもいいかと。

リスクその4:転職する前の会社がよく見えるかも

以前働いていた職場と比較してしまい、前の会社がよく見えてしまうかもしれません。

転職先で仕事に慣れるまでは自信があまりなくネガティブに考えてしまうこともあるので。

異職種に転職したことで収入が減り前より生活費について見直すこともあるでしょう。

いきなり生活費を切り詰めるのもカンタンなことではないですね。。

とはいえ、せっかく転職して新たなスタートをしたので今は耐えどきだと思い踏ん張ること大切かと。

仕事で経験を積みスキルを培うことで、将来の自分にプラスになって返ってきます。

今と以前の会社を比較をしてもあまりメリットはないので、前だけ向いて進んでいきましょう!

リスクその5:転職したらすぐには辞められない

第二新卒で転職したらすぐにはやめられないですね。

短期離職を繰り返すことで履歴書に職歴が増えて転職のハードルが上がっていくからです。

逃げ癖がつきやすくなる

新卒で早期退職する時に懸念されることが逃げ癖がつきやすくなること。

現実的にあまり長い期間働いていないので諦めやすいと周りに思われても仕方がないかと。

ですが、気にする必要はなくてせっかく転職先でやり直せる環境があるので、挽回もできますね!

ツラい仕事が全て悪とも言い切れず、適度な負荷は自分を成長させる機会にもなります。

短期離職を繰り返すと経歴に傷がつく可能性が高くなるので、すぐに転職は避けていきましょう。

こんな理由で辞めたい方はOK!第二新卒での転職をチャンスに変えていこう

新卒ですぐに転職するとなるととても勇気が入りますよね。

転職が失敗してしまってもすぐには辞めづらい状況に追い込まれるので。。

後で後悔しないためにも仕事を辞めるべき状況なのかチェックしていきましょう!

新たにチャレンジしたいことができた

自分で新たにチャレンジしたいことができた時は転職もOKですね。

人生の時間は限れていていますし、新たなことにチャレンジするなら若い方が体力もあって吸収もしやすいので。

新卒で入社した会社でずっと働かなければいけないということもありません。

入社して数年で自分のやりたいこと見つける

新卒で働き始めて仕事を覚えることも大切ですが、自分が今後何の仕事で生活をしていくかを考えることも重要です。

仕事には向き不向きがありますし、新卒で就職し3年くらいまではお試し期間と思ってもいいかと。

最近3年目くらいまで「第二新卒」という枠で、ポテンシャルを重視した採用をしている企業も増えているので転職のチャンスもありますね。

30代になると未経験で他の業種に転職をするハードルがグッと上がるので、今のうちに自分にマッチする仕事見つけたいですね。

会社で働いていて将来の自分の姿が想像できないとき

今の会社で自分が将来なりたい姿の先輩がいなければ転職を考えていいかもです。

このまま働いていけば将来の自分の姿が今の先輩のようになる可能性は高いので。

もし先輩が仕事に対して愚痴ばかりこぼしていて、疲れきっている姿をみては自分の今後が心配になりますね。

周りの先輩を観察してみる

会社で周りの先輩を観察することで、自分の将来の姿を想像しやすくなるかと。

僕が新卒で入社した会社では仕事もできてプライベートも充実している憧れる先輩が何人かいました。

ですが、年功序列の組織体系ということもあり、仕事ができても年齢が若いので評価されにくい環境。

憧れていた先輩はみんな転職してしまいました。。

そのため、年齢が高い社員が働いている印象でしたね。

先輩の姿を見て会社での自分の将来の姿をイメージできました。

会社に将来なりたい先輩がいなければ、転職して自分に合いそうな環境で働くのも1つの選択肢ですね。

心身ともに限界を感じた

仕事していて心身ともに限界を感じたら無理はしないほうがいいですね。

新卒入社ばかりの時は耐えることも必要ですが、やはり健康の方が大切です。

最近体調に変化が現れた時は、危険信号なので休みましょう。

体調変化のチェックリスト

あまり自分に溜め込みすぎるとうつ病になる可能性もあるので気をつけたいですね。

  • 睡眠不足が続く
  • 集中力が散漫になる
  • 体がいつもだるい
  • 忘れっぽくなる
  • 激しい動悸がする
  • 頭痛、吐き気がする

最近頻繁に仕事で悩むことが多く、上の症状が起きた時は体をケアしましょう。

転職よりもまずは休業を考えてみてもいいかと。

休職することに抵抗を感じるかもですが、体を壊しては今後自分が苦労するので。

自分を守れるのは自分だけなので、心身ともに限界を感じたらしっかり休みましょう!

辞めたい気持ちを原動力に!第二新卒として転職するコツ

第二新卒として転職する決意があとはできたら行動するのみ!

転職するとなると失敗しないか不安になりますね。。

またすぐに転職をしないように転職のコツについて話していきます。

自己分析を怠らない

今の仕事を辞めるにも理由がありますよね。

自分と今の仕事は何で相性が悪かったのかを深掘りしていくことで、自分に合った企業を見つけやすくなります。

逆に自己分析をしないとまた同じミスをして、短期での転職につながってしまうかもです。

僕の場合は客先常駐のエンジニア職で働いていたのですが、現場は変わりやすくて業務内容も現場によって全然違いました。

なので、専門的にスキルを極めるには難しい環境で、自分とは相性が良くない職種でした。

転職する時は同じ職種でも自社で作業ができる条件を優先。

自分の中で優先するべき条件を決めておくことで企業とのミスマッチを防ぎやすくなりますね。

副業してみる

もし今目指している職種が副業としてできそうならまずはチャレンジしてみましょう。

転職したいのになぜ副業?」と思うかもしれませんが、以下の理由があります。

  • 転職後の仕事へのギャップ減らすことができる
  • 面接の時に意欲をアピールができる
  • 自分で稼げるようになる

例えばWebマーケティングの職に転職したいと思った時に、ブログが効果的かと。

ブログで副業をするとなると、ブログの立ち上げライティングスキル分析スキルなどが手に入ります。

Webマーケティングの職種ではマーケットを分析しながら、より数字を伸ばすために思考をしなければなりません。

個人ブログで培ったスキルを業務でも活かすことができると思います。

面接官に立場になった時に、何もしてない人より行動している人の方が働く意欲が伝わってきますよね。

転職したい職が副業でできそうならお試し感覚で始めてみるのもありですね!

迷った時は転職エージェントを使う

転職で迷った時は転職エージェントを使うことがオススメ。

効率よく転職情報収集ができるのと、自分に合いそうな企業を見つけやすくなるので。

転職エージェントはタダで相談できる

職を探している人はタダで転職についての相談ができます。

たくさんの転職エージェントがありますが、新卒入社して短期間で転職するなら第二新卒に特化した転職エージェントの方が内定をもらいやすくなりますね。

第二新卒の転職で登録しておきたいエージェント

転職エージェントを使うコツとしては複数登録すること。

エージェントも人なので正直なところ相性がありますね。

転職担当してくれる人と自分があまり合わなそうな時は、担当を変えてもらうか他の転職エージェントも試してみましょう。

転職エージェントの違いについては下記記事で解説しています。
≫【おすすめはココ】第二新卒の転職エージェント選びでもう迷わない

転職エージェント活用して自分に合いそうな企業を探していきましょう!

第二新卒はやり直すにはグッドタイミング

新卒で早期退職し第二新卒で転職するリスクとコツについて話してきました。

第二新卒で転職に重要なポイント3点

  1. 自己分析で転職の軸を決める
  2. 転職したい職種を副業でしてみる
  3. 第二新卒の転職で迷ったと時は転職エージェントで相談

毎日会社を辞めたいと思って働いていても、早かれ遅かれ辞めると思います。

僕自身新卒入社して半年過ぎたくらいから辞めたい気持ちが強くなり、結局1年半で辞めて転職しました。

退職してから思ったことが、もっと早く転職してもよかったと感じました。

昨今は新卒で就職した会社と合わなくても、第二新卒という形で転職しやすくなっているのでとてもラッキーな時代です。

辞めたい気持ちが強ければ転職活動をして視野を広げてみましょう!

これで以上となります。

では、また!