他人事ではない、新卒入社して半年で退職!後悔しないため今できること

Lifehack

仕事をしんどく感じる新卒社員「新卒で入社して半年だけど、正直もうしんどい。。退職するには早すぎることは自分でも分かっているけど、このまま働き続けるか悩む。半年で早期退職したらどうなるんだろう〜」

そういった悩みを解決します

  • 新卒入社して半年で会社を退職するリスク
  • 新卒社員が半年で早期退職するメリットはこんなところ
  • 入社半年で会社を退職する前に!第二新卒として転職を視野に入れる

こんにちは、シノです。

新卒社員として会社に入社し半年経ったぐらいが、ちょうど仕事のしんどさを感じるようになる人が多いですね。

僕は文系出身ではありますが、新卒で客先常駐型のSEに就職しました。

ITリテラシーがほぼ皆無の状態で、直感的に面白そうという勢いだけでチャレンジ。

設計書作成からアプリを作るまで経験できましたが会社の働き方があわず、
ズルズルと引きずって1年半という短さでピリオドを打ちました。

現在は自社でアプリを開発する会社で働いています。

ちょうど半年過ぎたくらいが、仕事をしたくないマインドのピークでしたね。

今回は新卒社員が半年で早期退職するリスクや転職について深掘りしていきます。

新卒入社して半年で会社を退職するリスク

入社して半年ぐらい経った時はけっこう仕事で覚えることも多く、働くことがしんどく感じるかもしれません。

自分には新卒で入社した今の会社は合わないと思い、退職して転職したいなという気持ちになるかもです。

とはいえ、新卒社員が半年で退職するにはけっこうなリスクがありますね。

半年という短さで今の会社を早期退職するリスクについてまとめてみました。

諦めやすくなる

仕事を半年で辞めると諦め癖がついてしまうことも。

入社前に自分が想像しているよりも仕事がツラいと感じる場面は多々あると思います。

ただ仕事ができない、ツラいから退職するのでは転職したとしても、
また同じ理由で退職する確率が上がってしまいますよね、、、

正直、新卒入社半年ぐらいは若さとポテンシャルがあるため転職のチャンスもあるかと。

ただ短期間で転職していると経歴に傷をつけてしまうので、避けたいのものです。

今の仕事魅力に気づかないで終わる

あまりにも短い期間で仕事を退職すると、今の仕事の魅力に気づかないまま終わってしまうかもです。

続けていけば仕事に慣れてきて、働くことが楽しいと思える未来がくるかもしれません。

新卒1年目は仕事を覚えることに必死でかなりストレスを感じます。

ITリテラシーが低いのにもかかわらず僕はIT業界に僕は就職しましたが、
半年経った頃では仕事もあまりできず先輩からは毎日罵られていました。

他の会社ならもっと楽でないかと思い転職の選択肢も頭の片隅にありましたね。

とりあえず、仕事の良し悪しを知るためにも1年は仕事を続けると決心。

なんとかツラい時期は乗り越えつつ1年仕事を続けてみて、IT知識が増えるとともにプログラミングの面白さもわかりました。

半年の仕事がしんどくてたまらない時期を超えたことで仕事の魅力にも気づけましたね。

転職に失敗する可能性がある

新卒半年で早期退職しても転職は可能だと思いますが、転職に失敗する可能性もありますね。

あまりスキルがない場合、今と似たような環境にあたることも。

転職失敗してまた再転職しようとするとハードルが上がることは間違いないですね。

そのため、資格取得やスキルを高めるためにも今は仕事に耐えて、今後の転職のために備えるのもアリかと。

転職しても問題が解消される保証はない

やっとの思いで転職しても問題が解決される保証はありません。

実際に働いてみると他の悩みが出てくるかもなので、
自分の中で妥協できるポイントは決めとくことでストレスを少なくできます。

特に職場の人間関係はその会社で働かないとわかりませんよね。

今の職場にも同僚、先輩、上司など合わない人がいるかもしれませんが、
次の転職先でも自分と合わない人に出会う可能性は十分ありますね。

業務内容職場の人間関係は仕事をしてみないと見えてこないと思うので、転職の際は注意が必要でしょう。

新卒社員が半年で早期退職するメリットはこんなところ

新卒で入社した会社を早期退職することでリスクもありますが、逆にメリットもあります。

次は半年で退職するメリットを深掘りしていきます。

では、みていきましょう!

やりなおしがしやすい

新卒で入社した会社が自分に合わなかったとき転職しやり直しをしたい気持ちになります。

20代前半の若い時はエネルギー、行動力もある方なのでやり直しがしやすいですね。

30代で別の業界に転職するのと今転職するのではハードルの高さが全然違うと思います。

会社側も若ければこれから伸びしろあると期待してもらえるかもしれませんし、
異業異職種にチャンレジするなら相当なエネルギーを消耗するかと。

なので、若いうちの方がやりなおしがしやすいですね。

今の職場環境が変わる

転職することで今と働く環境が変わるのは大きいですね。

同じ職種でも働く環境が異なればモチベーションも変化します。

僕は以前客先常駐型のエンジニア職で働いていましたが、頻繁に現場が変わることでストレスをかなり感じていました。

なので、とにかく転職サイトで自社開発を行っている会社を探しなんとか採用してもらいました。

色んな現場を経験できればその分幅広いスキルは蓄積されるかもしれません。

ただ、現場によって業務の内容が左右されてしまうので自分には合わなかったですね。。

自分に合った働き方を手に入れるために転職は便利かと思われます。

時間を無駄にしない

ずっと今の会社を退職したい思っていても、時間だけが過ぎていきます。

毎日仕事を辞めたいと思っているのなら、早かれ遅かれいずれは転職する可能性は高いですね。

転職活動しつつ今の会社よりも働いてみたいと思う会社を見つかるかもです。

働けるチャンスがあるのなら心機一転転職してチャレンジしてみることで、仕事へのモチベーションが変化する可能性はありますね。

会社を辞めたいと思いがなら仕事するのと成長したいマインドで仕事するのでは、
ストレスも成長するスピードも異なると思います。

転職しても前の会社の方が良かったのような、となりの芝生は青く見えてしまうというリスクはもちろんあります。

いつ転職するにしても何らかのリスクはあると思うので、チャンスがあるタイミングで転職に挑むことは時間を無駄にせずすみますね。

入社半年で会社を退職する前に!第二新卒として転職を視野に入れる

新卒入社して半年で転職活動するときに第二新卒枠で応募することができます。

一般的に新卒1〜3年以内に転職活動する人たちが第二新卒と呼ばれています。

第二新卒枠を使わなくても中途採用で応募できますが、メリットとしては若さポテンシャルを評価してもらいやすいです。

転職サイトを活用

第二新卒で転職活動するとなると情報収集が欠かせませんよね。

就活を通して自己分析や企業リサーチをしてきたと思われますが、就活の感覚とはちょっと違うところあります。

新卒で働いていた期間が短くても、職務経歴書という今までどういう仕事をしてきたかを詳細に書く書類を企業に応募する際に履歴書とセットで送る必要があります。

企業側から求められればですが。。

中途採用で応募すると自分よりも経験が豊富な人と競争しなければなりません。

転職サイトで第二新卒のキーワードでヒットする企業は、新卒ですぐに退職した人でも比較転職しやすくなると思います。

第二新卒で転職活動するときに、情報収集で役立ったサイトは下記記事で紹介しています。

≫【第二新卒の方へ】迷った時はコレ!役に立つおすすめ転職サイト

転職エージェントに相談

基本的に転職エージェントは無料で利用できます。

別の会社で複数の転職エージェントを使うことも可能ですね。

プロのエージェントを使うことで自分を客観的に分析できつつ、今の転職市場の情報を得ることができます。

履歴書職務経歴書面接対策などの転職の支援をしてくれる転職エージェントもあるのでフル活用していきましょう。

転職エージェントとは相性があるので自分に合う人を見つけるのがおすすめです。

エージェントには様々な企業を紹介してもられると思いますが、自分の意思表示をハッキリすることが重要。

無料で転職について有益な情報を手に入れられるので活用する他ないですね!

新卒入社で半年経ったぐらいはみんなツラい経験をする

やはり、働きだしてから半年経ったぐらいが仕事が忙しくてツラいです。

僕の周りも新卒で入社して半年経ったくらいに、仕事を辞めたいと言っている人が多くいました。

転職する人もいれば、耐えて今も新卒で入社した会社で頑張っている人もいますね。

僕は1年半で1社目を辞めて転職しましたが、運よく今の職場は自分に合っていると感じます。

世間的には1年半で会社を辞めるのは短いと思われていますが、個人的にはタイミングだと思っています。

当時は3年や5年働いている先輩の姿を見て自分がなりたい姿ではなかったので、
早期退職したことに後悔はありませんでした。

自分にとってプラスになるチャンスがあるならば、退屈な仕事を続けるよりも早期退職してチャレンジする価値はありますね!

これで以上となります。

では、また!