【最終手段】「やめとけ」と言われても第二新卒で転職したいあなたへ

Improvement

第二新卒で転職を考えている人「新卒で今の会社に入社したけど、業務が自分に合ってない気がしてこのまま続けていいのか分からないや。。「第二新卒で転職はやめとけ」なんて聞くけど、どうなのかな〜。やっぱり最低でも3年は今の会社で働くべき?」

そういった疑問を解決します

記事コンテンツ

  • なぜ第二新卒で転職を「やめとけ」と言われるのか
  • 第二新卒で転職が失敗しやすい人の共通点
  • 終身雇用は終わり!第二新卒で転職活動するコツ

こんにちは、シノです。

新卒で就職後は「最低3年以上働くべき」という風潮があり、
「第二新卒での転職はやめとけ」と言われることが多いですよね。

記事を書いている僕は新卒入社した会社が合わずに、
新卒1年半で転職しました。

スキルや実績を積むために、
ザックリと3年は働き第二新卒で転職は避けるべきと思われています。

しかし、
自分に合わない環境で働き続けると苦痛で、
仕事へやる気がおきなかったりしますよね。

どうして「第二新卒で転職はやめとけ
と言われるのかについて書いていきます。

なぜ第二新卒で転職を「やめとけ」と言われるのか

一般的に新卒3年以内に転職活動を行うと、
第二新卒枠で扱われることが増えてきています。

正社員として一度社会に出ているので新卒ではなく、
また、中途採用までのスキルがないため、
「第二新卒」は今後の成長が期待されています。

会社によって、
新卒何年までを「第二新卒」として見なすかは異なるようです。

そこで、第二新卒が転職を避けるべきと思われる理由をまとめてみました。

転職が成功する保証がない

第二新卒で転職しても、
自分が望む転職先で働ける保証がありません。

スキルや実績が少ない新卒社員は、
今働いている会社と似たような環境で働く確率が高くなります。

例えば、
今の給料に不満があり転職をしようと試みても、
経験が浅い第二新卒は給料が急にグンと上がるのは稀です。

ならば、正社員だと一定の収入が入るので、
スキルを磨きつつ副業で稼いで転職する方が給料がUPしやすいと思います。

また、現在働いてる職場で抱えている問題を、
次の転職で解決できるともわかりません。

第二新卒で転職した僕は、
以前の会社のエンジニア職が自分に合わず転職を決意しました。

資料作成やテストばかりで、
開発の経験が積めず誰でもできる業務がずっと続いたからですね。。

同じような業務形態の会社は避けて転職し、
自社アプリの開発を行っている企業で働いています。

転職を行うことで必ずしも問題が解決されるとはならないため、
自分で妥協できるポイントを用意しておいた方が気持ちが軽くなりますね。

逃げ癖がつく

新卒で早期退職すると逃げ癖がつくと思われます。

入社一年目は仕事で覚えることが多く、
そして、人間関係を築くのも相当にエネルギーを消耗します。

仕事で厳しい時にカンタンに逃げ出してしまうと、
癖がついて成長する機会も失ってしまいやすくなりますね。

ほどよい負荷は自分の成長に繋がることもあります。

新卒の最初の頃は経験値が少なく業務を覚える辛いこともあるため、
慣れるまで時間がかかることもあります。

新卒は最低3年働くべきの印象が強い

よく「新卒は最低3年働くべき」と聞きます。

スキルが身についたり、
仕事や会社のことが分かってくるからですね。

初めてチャンレンジする仕事も、
真面目に取り組んである程度時間が経てば慣れてきます。

文系卒でITの知識もあまりなかったため、
エンジニア職に就職しましたが最初の頃は全く何もわかりませんでした。

その上、できないことに対して、
現場で結構怒られました。

2年目で少しずつタスクをこなせるようになりました。

自分が経験したことがない分野は、
ある程度時間が必要だと思っておくことで、
気持ちに余裕が生まれ長続きしやすくなります。

自分に今の業務が向いてないかもと思った場合、
1、2年続けてみてもあまり進歩しなかったら、
思い切って他の職種に転職する選択もオススメです。

第二新卒で転職が失敗しやすい人の共通点

転職活動する前に、
第二新卒で転職が失敗しやすい人の共通点を書いていきます。

今の仕事を逃げたいだけで転職

今の会社が自分に合わないから、
とりあえず転職先を見つけるのはリスクがあります。

転職先でも以前の職場でなかった不満が出てくることも。

その都度転職していたら、
転職のハードルも上がってきます。

完璧な職場で働くことは難しいので、
自分の中で求める条件の優先順位を決めて、
転職活動すると転職が失敗しにくくなります。

消極的で受け身の姿勢

転職先で働くのは自分です。

転職活動をする時に、
友人、家族、転職エージェントなど様々な人から話を聞く機会があると思います。

そこで、他の人の意見を鵜呑みにするのではなく、
自分が正しいと思う道を選択するべきですね。

仮に紹介してもらった転職先が自分に合わなかったとしても、
他の人は責任を取ってくれることはありません。

転職エージェントでは求人を紹介してくれますが、
利益都合で企業を選んでいることもあるので、
自分が希望する企業と違った場合はきちんと意思表示をしましょう。

第二新卒の転職活動は、
学生みんなが一斉に行う新卒採用の就活とは異なります。

すぐに会社を辞めないためにも、
念入りに情報収集し自分が活躍できる転職先を見つけることが大切ですね。

転職先に期待しすぎる

第二新卒で転職するとなると妥協するポイントが重要です。

条件を求めすぎると失敗する確率が高くなるので。

給料を求めるのか、
または、働き方を重視するのかで企業が求める条件が変わってくると思います。

給料が高いと完全成果主義や単純に長時間労働だったり、
働き方を重視した場合は給料は前職より下がったりするかもしれません。

自分の中で何を優先して働くかで、
妥協するポイント明確化できると思います。

終身雇用は終わり!第二新卒で転職活動するコツ

世間では終身雇用が終わりと言われ、
転職が一般的になっています。

そのため、第二新卒で転職することは、
デメリットばかりではありません。

第二新卒の転職活動は経験になりますし、
転職知識も得ることができます。

そこで、第二新卒で転職活動する時に役立つ情報を紹介していきます!

転職する前に今の会社を辞めない

転職先が決まるまでは会社を辞めないでおきましょう。

収入がある状態で、かつ在職中だと転職活動が上手く進まなくても、
働き続けることができるためです。

貯金があるとしてもいつ何が起きるか予測できないため、
よほどの事情がない限りは在職中の転職活動が安心ですね。

また、離職期間が長くになるに連れて、
転職がしづらくなるという傾向もあります。

現職で働きながら転職活動は、
スケジュール調整が難しいかもしれないですが、
有給を使うなどして行った方が効率的ですね。

転職活動で譲れない条件を決めておく

第二新卒で転職するということは、
何かしら今の会社には居られない理由があると思います。

転職活動する時に自分の中で譲れない条件を決めておくのが重要です。

新卒で早期退職した僕は、
次の職場では少し厳しい環境でも、
アプリ開発のスキルを磨ける環境を優先順位高めにしていました。

というのも、
以前の職場は資料作成とアプリのテストが大半を占めていました。

元々アプリ開発をしたいと思い入社しましたが、
資料作成とアプリのテストのスキルが主に伸びました。

以前の業務で働き続けていたとしても、
アプリ開発の経験やスキルがないので、
転職するときにかなり厳しい状況になっていたと思います。

僕は業務内容を重要視しましたが、
自分の中で譲れない条件を決めておくことで、
次の職場ではもっと働きやすくなるはずです。

転職サイト・エージェントを利用する

転職サイトやエージェントを利用し転職するのが一般的な方法です。

転職活動をするならその道のプロに聞くと、
有益な情報をゲットできます。

企業を紹介してもらえるだけでなく、
履歴書・職務経歴書の添削を無料でしてくれたりします。

また、エージェントによっては面接対策の相談もできたりしますね。

僕はエージェントを利用して、
最終的には自分で転職先を見つけました。

転職エージェントを使ってみた感想は、
自分の市場価値を把握できた上に、
リアルタイムの転職事情を聞けたので多くのインプットがありました。

第二新卒で転職するときに登録しておいて間違いないサイトは以下3つですね!

自分と同じく第二新卒として転職を考えている人は多くいるので、複数の企業に応募する必要があると思います。

転職サイトを複数登録すると比較ができて選択肢も増えるためおすすめです。

エージェントはカウンセリングをを通して自分に合いそうな企業を紹介してくれるので、
自分の希望する企業についてはっきりエージェントに伝えることが重要ですね。

自分にマッチする企業に転職するには情報収集が欠かせないため、
転職サイトと転職エージェントを利用していきましょう!

第二新卒で役立つ転職サイト・エージェントは、下記の記事でまとめています。

よかったら一緒にどうぞ!

第二新卒で転職は「やめとけ」と言われても行動する

今の職場に不満があって、
将来的に希望がない環境であれば転職は必要だと思います。

僕は以前の職場で働き続けた場合、
年功序列のため給料は少しずつUPしましたが、
肝心なスキル面はあまり伸びないと感じました。

第二新卒以降の中途採用枠は、
実績やスキルが無ければ、
キャリアップを目指す転職が難しくなってきます。

そのため、
新卒で入社した会社が自分には合ってないと感じたら、
転職活動をしてみると将来のキャリアについて考え直すので、
かなり選択肢が広がります!

20代のうちはスキルと経験が必要だと思い、
自分に適した環境で働けるのが大切だと気づきました。

これで以上となります。

では、また!