安くてコスパ最高!初心者にもつけやすいメンズ香水

Entertainment

香水を探している人「メンズに向けに安くて良い香りの香水ないかな〜?デートやお出かけに使えるオススメな香水を教えてほしい!」

そういった悩みを解決します

記事コンテンツ

  • 【初心者にもオススメ】安いのにコスパ最高!デイリーユースに適したメンズ香水
  • 【安い香水にありがち】香水を選ぶときに気を付けるべきポイント

香水は香りの種類も多く、
人によって好き嫌いがハッキリしているため選ぶのけっこう難しいですよね…

また、ブランドもいろいろあって、価格帯もピンキリ。

薬局などで買える安いものだと1000円くらいで、
百貨店で売られている最高級なものだと4万円以上する香水もあります。

高級ブランドからスキンケアブランドの様々な香水を試してきましたが、
価格が高いからといって万人受けする完璧な香りだとは思いませんでした。

そこで、今回は安く買えてコスパが最高なメンズ香水を紹介していきます!

【初心者にもオススメ】安いのにコスパ最高!デイリーユースに適したメンズ香水

大人な落ちついた香りの香水をチョイスし、
価格帯は3000〜5000円くらいになっています。

香水は消耗品なのでつける頻度や量が多いと減りがはやく、
高級なものだと使うのを躊躇しやすかったり。

その分リーズナブル香水は買い替えにあまり抵抗なく、
気軽につけることができるというメリットもあります。

では、みていきましょう!

ブルガリ ブループールオム

ブルガリの大人気シリーズであるブルガリプルオーム。
ウッド系の成分が多く含まれているのですが、個人的には高級石鹸のような香りに感じました。
ブルーカラーのスクエア型の瓶からも連想できるように、爽やかでスパイシーな香りです。
清涼感あるクールな印象から暖かみのある香りに変化するためとても使いやすい。
クセがなく強い香りの香水が苦手な方にもオススメなシリーズですね!

ブルガリ ブラック

レザーやスモーキーな香りが好きな方にオススメ。
トップノートは重厚感と深みのある香りが印象的で、ミステリアスかつ大人な雰囲気を感じます。
時間が経つにつれ香りが変化し、ラストノートでは甘みのある上品な仕上がりに。
けっこう固い香りなので、スーツやドレスライクの服装と合わせたら色気がでます。
少量でも十分に存在感があるシリーズです!

カルバンクライン CK エタニティフォーメン

カルバンクライン中でも特に売れ筋モデルのエタニティフォーメン。
フローラルとフルーツのバランスがとれたセクシーかつ爽やかな香水。
メンズ、ウィメンズに人気なシリーズで、ちょっとしたお出かけからデートまで対応できる万能アイテム。
トップはハーブ系、ミドルはジャスミンなど、ラストはウッド系の構成で香りを楽しめます。

ジョルジオアルマーニ アクアディジオ オム

イタリアの最南端のバンテレリア島がもつ自然からインスピレーションを受けていて、
大地の力強くクールな香りがします。
マリンウッディノートがミステリアスでパワーを感じさせるバランスのとれた香水に仕上がっています。
アルマーニの中でも最高級ラインに位置するジョルジオアルマーニは品格の良さや知的な印象があり、
つけると気分をとても高めてくれます!

ドルチェ&ガッバーナ ライトブルー 

地中海をモチーフとして誕生したドルチェ&ガッバーナ ライトブルー。
バランスのとれた花とフルーツの素材が調合されていて自然の恵みとフレッシュライトな香りを感じます。
清涼感を楽しみたい方におすすめのシリーズで、夏など暖かい季節にピッタリ。
クセがなくつけやすい香りのため初心者にも試しやすいモデルですね!

プラダ ルナロッサ ブラック オードパルファム

日常の風景の中で新たな発見ををもたらす感覚を表現し、都会の雰囲気を感じさせるモデルです。
トップノートはベルガモット、アンゼリカ、ミドルノートはウッディアンバー、ラストノートはムスクの構成になっています。
最初は引き締まった香りで徐、最後は適度に甘い印象になります。
プラダの上品さと高級感を一緒に楽しむことができる香水!

ジバンシイ ウルトラマリン

自由でアクティブな男性をイメージしていて、
クールでマリンの香りを探している方にオススメ!
ベルガモットとウォータフルーツがフレッシュで力強さを感じせ、
ウッディノートがメンズの色気を高めてくれます。
香りが強めなので少量でも十分だと思います。

イッセイ ミヤケ ロードイッセイ プールオム

世界中から愛されるイッセイミヤケのロードゥ イッセイ。
大自然から湧きいずる水の清浄な力強さからインスピレーションをえて、
爽やかでエネルギッシュな印象です。
自然のエレガンスを表現しているのが伝わっきてリラックスできる香りですね!
爽やか男子を目指したい方にオススメなモデル!

【安い香水にありがち】香水を選ぶときに気を付けるべきポイント

香水はアクセサリーや衣類と違って高級ブランドであっても比較的安く手に入ります。

ですが、安く手に入るところが意外と落とし穴だったり。。

そのため安く香水を買うときのポイントを紹介します。

香水のまとめ買いはオススメしない

価格が安いからという理由での香水のまとめ買いはオススメしません。

というのも、 
たくさんありすぎても使いきれず香水がオブジェ化してまうからですね。

香水は自分で買ったり、 
人からもらったりして今現在10本以上あります。

その本数が多いか少ないかはわかりませんが、
ぼくが保有している数でも使いきれていません。

残念なことに放置しっぱなしの状態だと、
香りが最初の時と変化することがあるのです。

主に酸化が原因で、開封後はなるべくはやめに使った方がいいと言われています。

ただし、全くつけられなくなるのではないのでご安心を。

個人的には2〜4本がベストかなと。

柑橘系とウッド系の両方を揃えれば、TPOよって使い分けられます。

香水の携帯スプレーに移し替えれば持ち運びやすく、
明るいうちは爽やかでフレッシュな香りを纏い、夜は落ち着いたでセクシーな香りの使い分けができます。

価格の誘惑に負けず自分が普段使うことができる本数を購入しましょう!

価格の安さに囚われすぎない

香水を選ぶにあたって安さに囚われすぎないことも大切。

全部ではないですが、売れ筋の高級な香水にはちゃんと価格相応の魅力があるからです。

オーストラリアのスキンケアブランドAesop(イソップ )がつくっている香水は、
メンズ、ウィメンズ共に評価がかなり高い。

オードパルファムの「ヒュイル」は人気シリーズの一つで、
日本の森をコンセプトに大地と深緑を表現したスモーキな香りになっています。

香水の中でも高級な部類ですが香りがとても上品で、
唯一無地かつリラックス感のある香水です。

他の人被りたくない方はちょっと高めの香水を試していみるのもいいかと。

正直にいうと価格が高いからといって必ずしも万人受けする香りとはかぎらないですね。

ただし、 
高級な香水だと一流で有名な調香師が調合し、 
特別な香水と出会える確率が増します。

また香りは人の印象も左右するので、 
個人的には香水に投資する価値があると思っています。

違いを知るためにも、ぜひ低価格な香水と高価な香水を比較してみて欲しいです!