【暴露】SESが闇と言われる理由を経験者が徹底解説

Improvement

SESが闇と言われる理由を知りたい人「SESの職は闇って噂を耳にするけど実際どうなんだろう〜。よくSESの仕事はやめとけと言われる理由を知りたい!」

そういった疑問を解決します

記事コンテンツ

  • 【みんな知りたい】SESが闇と言われる理由 5つ
  • 【噂は噂】SESは闇ばかりでない!実は良い面もある
  • 【希望】SES就職で闇にのみこまれないようにするには

昨今IT業界へ就職する人が増え、「未経験からでもエンジニアを目指せる」というフレーズをよく聞くようになりましたね。

未経験でエンジニアになろうとすると、SESの会社に就職することもあるかと。

SESとは、システムエンジニアリングサービスの略で、システムの開発、運用・保守、テストなどを技術者が提供し契約する委託契約の一種です。

世間では客先常駐型のエンジニアと呼ばれたりもしますね。

文系卒で特別なITスキルもなかった僕はITスキルを身につけるために新卒でSESの会社に就職しました。

しかし、自分には合わず新卒入社して1年半で他のIT企業に転職しています。

SESは闇の部分が多いと言われる話もよく聞きますが、実際にSESの職で働いていた僕がなぜ闇と言われているのかを解説していきます。

SES職の良い面についても紹介するので、最後まで読むことで自分にSES職が向いているのかが分かります!

【みんな知りたい】SESが闇と言われる理由 5つ

はじめにSESが闇と言われる理由を5つにまとめてみました。

さっそくチェックしていきましょう!

理由1:スキルが身につきにくい

SESの職はスキルがあまり身につかないこともあります。

スキルがないと単純な作業をずっと繰り返すことになりあまり成長できないので。

はじめはシステムのテスト資料作成を行う現場に入ることが多いです。

現場ではシステムのテストや資料作成の業務を経験できますが、次も似たような作業の現場に入る可能性が高くなります。

設計や開発のスキルがないとテスターや資料作成の仕事ばかりになることもありえるため気をつけたいですね。

理由2:案件がコロコロ変わる

客先常駐型の仕事なので案件がコロコロ変わります。

だいたい数ヶ月〜1年くらいで次の現場に移ることがSES業界では一般的です。

常駐先で気に入ってもらえば何年も同じ現場で働くこともあります。

案件の最初から最後までを経験できないこともあって、スポットとして作業することも少なくないです。

案件がコロコロ変わるので仕事での深い人間関係の構築が難しかったりしますね。

理由3:帰属意識が薄れる

SESで働いていると現場にずっといるので帰属意識が薄れます。

自社に戻るときは帰社日か次案件の待機ぐらいのときですね。

さらにSESの職をしていると客先の客先で仕事することもあります。

例えば、自分がA社に属していて、客先のB社で仕事をしていたとします。
そこで客先のB社からB社の客先のC社を紹介されて働くということも。

もしC社で働くとなれば、自分はB社の会社名を使ったりするので、自分がどこに属しているかが分からなくなってしまいますね

そのためSESの職で働いていると帰属意識が薄れるシチュエーションはよくあります。

理由4:転職がしにくくなる

長く働いてもスキルがないと転職がしにくくなります。

転職するときに勤続年数が長くても、自分がアピールできるスキルがなければ転職の難易度が上がるので。

設計や開発の経験があまりなくて、システムのテストだけを極めても転職でアピールするのはけっこう厳しいですね。

SES職は会社都合で現場に飛ばされることがよくあるので、どんな業務に携わりたいかを自分で会社にアピールすることは重要。

勤続年数だけ長くなってしまい転職できないというシナリオは避けたいですね。

理由5:収入が低い

仕事に対して収入が低いこともSESが闇と言われる理由の1つ。

目安ですが新卒で200〜300万円で、未経験で転職すると300万円くらいです。

業務内容も現場によって異なるので「この業務でこんだけの収入」と感じてしまうかもしれませんね。

SESで年収をアップさせるよりも、スキルを身につけて転職して年収アップの方が期待できるかと。

【噂は噂】SESは闇ばかりでない!実は良い面もある

SESが100%闇であると決めつけてしまうのはもったいないかもです。

次はSESの良い面について紹介していきます!

未経験でエンジニアにチャンレンジできる

SESの良いところは未経験でエンジニアの職にチャンレンジできること

技術職に就くには精通する分野の勉強をしていることや一定の経験、スキルが求めれるでしょう。

しかしながら、SES職はハードルが低くポテンシャルがあれば誰でも就職できるチャンスがあります!

僕は大学で英語系の学科を専攻してましたが、IT業界でスキルを身につけたいと思いSESの職に就職しました。

文系卒なこともあり周りからはIT業界に進むことを不思議に思われることも。

SESは未経験でもIT業界にチャレンジしやすいですね。

色んな現場で経験を積める

SESとして働くと色んな現場で経験を積むことができます。

案件次第では大手企業システムにも関われることもありますね。

僕がSESの職で1番働いて良かったと思ったのは、大手インフラシステムの案件で業務に携われたことですね。

設計書作成アプリの改修テストなどを行っていました。

ただインフラシステムなので現場のルールはけっこう厳しめでした。

SESで色んな現場に行くことで、幅広い経験を積むことでできてスキルを貯めることが可能です。

現場が合わなくても変えられる

仕事をしていて現場が合わないときに、自社に相談して現場を変えてもらうことができます。

働いていると自分と相性が悪い現場にあたることもあるので

現場が頻繁に変わる可能性が高くなる代わりに、自分でも希望すれば現場を抜けることができるのは便利。

ですが、あまり頻繁に現場を変えようとすると、自分の評価に影響しますし他の案件にも参加しにくくなることも。

また自分の代わりになる人がいないと現場から退場できないこともあるので、現場が合わなくて変更したいときは早めに会社に相談した方がいいですね。

【希望】SES就職で闇にのみこまれないようにするには

SESが闇と言われる理由について解説してきました!

そこで、SESで闇にのみこまれないようにするにはどのような対策をするかを紹介していきます。

転職エージェントを使う

未経験でITエンジニアを目指すときは転職エージェントを使うと効果的です。

理由は以下のとおり。

  • 転職した人の会社についてリアルな意見を聞ける
  • IT業界の転職事情を知ることができる
  • タダで提出書類添削サポートしてもらえる

転職エージェントは企業とつながっているので内部の事情を把握してますし、
エージェント利用し転職した人の声を聞いています。

そのため転職先ついてリアルな印象を知ることができますね。

無料のカウンセリングを通してIT業界への転職情報を得られて、かつ提出書類の添削サポートも行ってくれます!

登録しておきたい転職エージェント 3つ

自分の意志を会社にハッキリ伝える

SESに転職した場合は、自分から何の業務に携わりたいかを会社にアピールする必要があります。

積極的に会社に自分の意志をハッキリ伝えないと、会社都合で案件を決められる可能性が高いので。

スキルがない新人は高確率でシステムのテスト資料作成の現場に出向することになります。

また開発のスキルがないためテスターや資料作成の現場に入る確率が高くなりますね。

もし案件に対してずっと自分からリクエストしているのに無視される場合は、転職を視野に入れた方がいいかもです。

SESを辞めたくなる理由については別記事で解説していますので下記から読めます。

≫【限界】客先常駐のSES職を辞めたい!3年後も後悔しない働き方を探す

エンジニアとしてスキルアップをするには、会社に対して設計や開発の経験できる現場が入れるよう積極的にアピールしていくいきましょう。

SES以外の会社の就職を目指す

エンジニア職に就職したいときにSES以外の選択肢もあります。

例えば、SIer自社開発をしている企業。

  • SIer → システム開発を請け負うIT企業
  • 自社開発 → 自社でシステムを開発を行っている企業

上記企業はSES企業に就職するよりもハードルは上がります。

ただ、SESに比べてスキルアップや年収も期待できますね

SESで経験を積んでからSIerや自社開発に転職するパターンが多いですね。

【まとめ】SESが闇と言われるけど自分のものさしで判断

SESが闇と言われる理由や良い面について解説してきました。

未経験でITエンジニアを目指しやすいという点や色んな現場で業務を経験できることは個人的にメリットが大きいと思っています。

僕自身がIT未経験でSES企業に就職しましたが、ITリテラシーについてかなり学ばせてもらいました!

やはりSESなるか迷っているときは自分のものさしで判断することが大切ですね。

これで以上となります。

では、また!