【経験者が解説】SESはやめとけと言われるけど、実際どうなの?

Improvement

SESに興味を持つ人「IT企業でSESってよく見かけるけど、どんな感じなんだろう。評判見てもSESはやめとけなんて言われてるし実際どうなの?」

そういった疑問を解決します

記事コンテンツ

  • 【真実】SESはやめとけ言われるワケ 5つ
  • 【朗報】SESはやめとけと言われるけどメリットはないの?【答え:あります】
  • 【希望あり】SESで働くのをやめとけと言われてもなるときのポイント

IT業界について調べていると、 SES(客先常駐)という単語をよく耳にするかと思います。

ただ、ネットやSNSでSESの評判をリサーチすると、「SESはやめとけ」と書かれていたりしますね。

記事を書いている僕は新卒で文系卒ながらIT業界に興味あって、スキルや経験を積むためにSES事業を行っている企業に就職しました。

結果的には新卒入社して1年半という短さで退職していますが、SESがやめとけと言われる理由の場面に多く遭遇したと思います。

SESがやめとけ言われる理由と反対にSESで働くメリットについて話していきます。

【真実】SESはやめとけ言われるワケ 5つ

SESはやめとけと言われるワケを5つまとめてみました。

では、さっそくみていきましょう!

案件ガチャ

SESは客先常駐しつつ現場で作業を行います。

そのため、常駐先によって案件のレベルにバラつきがありますね

資料作成からシステムの開発まで幅広い業務にあたる可能性があるのがSES。

スキルがあれば開発案件に入りやすいですが、スキル・経験がないと単純作業の現場に入る確率が高くなります。

現場で活かせるスキルがないと、次もスキルが身につきにくい案件にあたってしまう可能性がありますね。

スキルアップがしにくい

エンジニアとしてのスキルアップがしにくいこともあります。

案件は自分の経験やスキルを見て紹介されるため、経験やスキルがないとスキルアップできるような案件に携われることも難しくなりますので。

未経験でSESの職に就職すると案件が運に左右されることがよくあります。

ずっと資料作成の業務をしている先輩もいれば、開発をバリバリしている同期もいました

案件によってスキルアップの度合いが異なるのもSESの特徴ですね。

スキル偽装

客先常駐で働く前に客先との面談があって、そのときにスキルシートを提出します。

企業によっては社員のスキルをだいぶ盛った状態で書くことがありますね。

特に新人にありがちで開発経験が短いのにちょっと期間を長くしたり、またはそもそも開発経験がないのに開発経験ありの内容をスキルシートに書くことも、、、。

だいぶグレーですがSESの世界ではありえることで、常駐先も暗黙の了解として捉えている所は多かったりします

現場に入ってからできれば問題ないと、きっと思っているのでしょう。

スキル偽装をして後で苦しむのは現場で働く自分なので気をつけたいところです。

給料が低い

SESをやめとけ言われる理由の1つが給料が低いこと。

新卒で年収が200〜300万円で、未経験で年収250万円くらいが多いです。

大手SES企業はもっと年収が高いと思われますが、中小のSES企業は平均的に上記の年収くらいかと。

僕が以前働いていた会社は完全な年功序列で、実力ではなく勤続年数で昇給する額が上がるようになっていました。

そのため、優秀な人はスキルを身につけて転職する人が多かった印象ですね。

IT業界でもSESは給料が平均的に低いので、転職して年収UPすることが多いです。

勤務先が案件に左右される

常駐先によって勤務先が決まるのはSESでは仕方がないことです。

案件の期間もだいたい3ヶ月〜1年くらい。

どこの現場になるのかは分からないので、カンタンに引っ越しづらかったりしますね。

生活に慣れてきたと思ったら現場が変わったりして、SESの働き方にストレスを感じるかもしれません

【朗報】SESはやめとけと言われるけどメリットはないの?【答え:あります】

SESで働くのはやめとけと言われることがありますが、実はSESにもメリットがあります。

結論から言うと以下のとおり。

  • 未経験からでもチャレンジしやすい
  • 働きながらスキルを高められる
  • あらゆる現場を経験できる

では、順番に見ていきましょう!

未経験からでもチャレンジしやすい

SESの良いところは未経験からでもチャレンジしやすいこと

稼げる業界としてIT業界を目指す人は年々増えていますね。
また場所を縛らずにテレワークで働けるというのも人気な理由の1つ。

IT業界の職種でも稼げると有名なエンジニアプログラマになりたいと思う人も多く、
かといって未経験の人がスキルもなしに就職できる甘い世界ではありません。

しかしながら、客先常駐型のエンジニア職のため、SESは未経験でも比較的チャレンジしやすいIT企業です

未経験からSES企業で働いてスキルを身につけて、エンジニアやプログラマとして働いて活躍している人も多いです。

働きながらスキルを高められる

働きながらエンジニアとしてのスキルを積めるのはとても大きいですね。

エンジニア就職するために専門学校やプログラミングスクールに通う人は多いかと思います。

学校やスクールに通っているときは基本的にはお金を払う側なので収入はありません。

ですが、SESで働くと稼ぎながら実務で経験を積むことができますよね

エンジニアになるために学校に行く資金がなくても、仕事で稼ぎつつ経験を積めるのはSESの時重要なポイントですね。

あらゆる現場で働くことができる

SESの良いところはあらゆる現場で働くことができることですね。

さまざまな現場を経験することで幅広い経験やスキルを得られるので

現場によって仕様なども全然違いますし、使っているツールも異なったりします。

業務で経験できたことは知識として自分自身に蓄積されていきますし、
色んなエンジニアから技術を吸収できるのはとても有益なことです。

複数の現場を経験することで環境適応スキルも上がりますね。

SESのように客先常駐型で働くと、現場にごとで学べることがあり自分自分にとってとても良い刺激になるはずです。

【希望あり】SESで働くのをやめとけと言われてもなるときのポイント

みんながやめとけというブラックなSES企業に入社しないためにも、
SES就職するときのコツについて話していきます。

では、チェックしていきましょう!

給料が下がることは覚悟しておく

未経験でSES職に就職するとなると給料が下がる可能性があります

SESの職はIT業界の中でも年収が高い方ではありませんが、スキルを見つけて転職することで年収アップが狙いやすくなります。

はじめから高収入のSES企業に就職しようとすると中々就職先が決まらなかったり、激務の企業に就職してしまうリスクがあるからですね。

今の給料よりも下がってしまうこともありますが、長期的な期間で見るとスキルを身につけて転職するときに稼げる可能性は高まります。

転職エージェントを活用する

SES企業に就職するなら転職エージェントを活用するのも効果的です。

エージェントを利用するメリットは以下のとおり。

  • 自分に合いそうなSES企業を紹介してもらえる
  • 転職情報が効率よく手に入る
  • 書類や面接の転職サポートを受けることができる

求人を探している人は基本転職エージェントを無料で利用できます!

IT業界の転職事情についてよくわからないときは、転職サポートのプロに相談することで有益な情報を得られると思います。

また、書類の添削面接のコツなども教えてもらえるので、採用される確率が上がるかと。

SES職を探すときにおすすめエージェント

  • マイナビ IT AGENT ⬅︎ IT業界出身のキャリアコンサルタントが徹底サポート
  • リクナビNEXT ⬅︎ 大手ITから中小企業まで幅広く網羅
  • doda ⬅︎ IT業界の経験が浅い人向けの求人が多く掲載
  • ウズキャリ ⬅︎ 20代のIT転職に強く定職率が高い

エージェントは非公開求人を持っていたりするため応募する選択肢も広がります

自分とエージェントが合うか心配になるかもですが、相性がよくなければ担当を変えるよう要望してもOK!

エージェントも人なので相性があって当然のことです。

また、複数のエージェントを利用するとエージェントの比較ができたり、多くの求人情報をチェックできるようになります。

SES企業への就職活動中にエージェント利用はとても役に立つと思います。

まとめ:SESはやめとけと言われて諦めるべきではない

SESはやめとけと言われる理由やSESの良い面について紹介してきました。

僕自身SESで働いていましたが各現場で色んなエンジニアの人と働いてみて、エンジニアに必要なスキルについて多くのことを学ばせてもらいました。

SESで経験を積むのが未経験でエンジニアを目指すときの近道になるかと思います。

多くのSES企業があるので自分に合った場所を見つけることが大切ですね。

これで以上となります。

では、また!