「新卒の3年耐えろ」はウソ!新卒の早期退職は悲惨な末路を歩む?

Lifehack

新卒社員「就活を乗り越えて入社した会社だけど、仕事が辛くて辞めたい。。だけど、新卒で経験が浅いのに転職なんて無理かな〜。新卒ですぐに退職した人の末路はどうなんだろう?」

そういった疑問を解決します

記事コンテンツ

  • 【別れ道】新卒で早期退職した人の末路について
  • 【うつになる前に退職】こんな新卒社員はマズい状況かも
  • 【やり直せる】とりあえず行動!新卒なら選択肢も豊富

こんにちは、シノです。

新卒カードを使って今の会社に入社したけど、
ハードすぎてこれからも続けているか不安。

新卒1年目は、
会社で働くことに慣れていないこともあり心身ともにキツいかったりしますよね。

社会の荒波に揉まれることで現実を知り、
入社した頃のモチベーションを保てなくなることもあります。

新卒で中小のIT企業に就職した僕は、
業務内容が合わずに1年半で会社を辞めて転職しました。

そこで、今回は新卒で退職した人の末路について発信していきます。

新卒で早期退職したいけど、
迷っている人の参考になればと思います。

【別れ道】新卒で早期退職した人の末路について

在職中に転職活動をしなかった人を前提として、
早期退職したらどういう末路を歩みやすいのかを紹介していきます。

では、見ていきましょう!

すぐに次の職場に転職

よくあるパターンとして、
次の職場で働くためにすぐに転職活動を行うです。

転職サイト、転職エージェントを通じて、
自分が希望する転職先を見つけて応募する流れですね。

新卒の転職は学生の頃の就活とは異なります。

スキルが豊富な人と競う場合もありますし、
業務経験が短くても前職で培ったスキルや経験について深く掘り下げられます。

なので、転職活動のときは履歴書と職務経歴書が必要になるケースが多いです。

新卒で早期退職すると、
最近では3年未満の新卒社員は「第二新卒」という枠で企業に応募できたりします。

短くても社会経験をしているので新卒ではなく、
中途採用ほどのスキルも無いため、
成長する見込みとポテンシャルを期待されているという感じですね。

新卒で入社しても約10人に1人は、新卒1年目で退職しています。

新卒で入社した会社が合わなかったため、
次の会社で再出発する人は少なくないですね。

転職に失敗する

新卒で早期退職してから転職活動をすると失敗してしまう可能性もあります。

新卒の早い段階で辞めても社会経験が浅くスキルもあまり無いため、
良い条件を求めてしまうと中々転職先が決まらないことも。

「第二新卒」という枠で募集している企業もありますが、
新卒で入社した会社と比べて年収が下がったり、
仕事がよりハードになることも少なくありません。

ですが、転職先に入社してから気づくのでは遅く、
新卒で早期退職し転職してるのでまた転職するとなるとハードルが上がりますよね。

新卒での転職先はそこそこありますが、
自分に合う企業を探すのが難しかったりします。

離職して時間が経てば、
転職もしにくくなる傾向があります。。

とはいえ、ブラック企業に当たってしまっては、
せっかく転職したのに本末転倒です。

なので、転職失敗するのを避けるため、
自分が希望する企業の情報収集は欠かせないですね。

フリーターになる

新卒で辞めた人の中には、
フリーターの働き方を選ぶ人もいます。

フリーターで働くメリット・デメリットは以下などがありますね。

まずはメリット。

メリット

  • 働きたい時に働ける
  • 時間が調整しやすい
  • 正社員よりも稼げることもある

次にデメリットを見ていきます。

デメリット

  • 収入が安定しない
  • クビになりやすい
  • 正社員として転職しにくくなる

深く掘り下げていきます。

自由に働ける

フリーターのメリットは、
シフト制なら働きたい時にだけ働けるため、
時間が調整しやすかったり自由に働けます。

最低限働きつつ、
自分がやりたいことに時間を投資できたりも。

また、時給が高いアルバイトで長時間労働したり、
Wワークなどをすれば正社員よりも稼げたりします。

収入が安定しない

働いた分だけ稼げるので、
あまりシフトに入れなかったりすると収入激減する可能性も少なくないです。

正社員と違ってアルバイトは、
会社の景気が良くないと真っ先にクビになる確率が高いでしょう。

アルバイト生活続けていると、
スキルの問題で転職できなこともありますが、
生活できているので依存してしまい正社員になることを諦める人もいます。

その結果、正社員として転職しにくくなります。

アルバイトと正社員では、
任せられる業務が異なったり、
昇進などから将来的大きな差が出てきます。

人生長いので自分に合った働き方を見つけるべきですね。

【うつになる前に退職】こんな新卒社員はマズい状況かも

新卒で仕事をしていると、大半の人にそのうちつらい時期がやってきます。。

仕事ができるように努力することは重要ですが、
心身が壊れてしまっては意味がありませんよね。

うつ病になる前に、
次の紹介する状況にマッチしたら対策を打ちましょう!

残業が多すぎてつらい

新卒は仕事をこなせるようになるため、
たくさんの業務を経験し覚えなければなりません。

しかし、残業が多すぎると自分の時間も無くなり、
ストレス発散できなかったりと精神的にも厳しい状況に追い込まれます。

大量の残業+自分の時間がない」状況だと、
働くことが大好きな人かメンタルがタフな人でないと働くことが嫌になりやすいです。

新人のうちは成長するために、
量をこなす時期かもしれませんが残業が続き、
手におえない状況ならまずは先輩に相談してみましょう。

残業のしすぎで体を壊しては人生もったいないです。

何もやる気がおきない

仕事で疲労困憊してしまい、
何もやる気がおきずになってしまうのも危険ですね。

しっかりと休養が必要です。

今まで続けてきた趣味や好きなことができなくなると、
息抜きするタイミングも無くしてしまいさらにストレスを感じたり。

仕事をするためにだけに生きているのではないかと。

休みの日はしっかりと休息して、
趣味などで気持ちをリセットすることで仕事へのモチベーションも保てます。

新卒で疲れたときの対処法を知りたい時は下記の記事をどうぞ!

»新卒でもう仕事に疲れた時の対処法【結論:気分転換】

何もやる気がおきない悪循環から脱出していきましょう!

体に異変が起きる

仕事のストレスで体に異変が起きたら赤信号です。

資本である体を壊しては自分の生活に支障をきたしますので。

通勤で腹痛や動悸が始まったり、
今までなかった体調の変化がおきた時は要注意。

うつ病になってから治療するまでには時間がかかります。

その前に会社に相談したり、
病院で診てもらった方が安心です。

新人だから耐える時期という考えもありますが、
無茶をして後々後悔するのは自分自身。

自分に向き不向きの仕事があるのは当然であって、
今働いている仕事以外もたくさんの職種があります。

体を壊す前に転職するのも1つの選択肢ですね。

【やり直せる】とりあえず行動!新卒なら選択肢も豊富

新卒で仕事がつらい時期はみんな経験します。

そこで、1人で悩みつづけても問題は解決しなかったりしますよね。

自分からアクションしないと、状況が改善されていきません。

せっかく就職をした会社を退職をしてしまう前に行動してみましょう!

会社に相談する

今の仕事量が明らかに多すぎて残業続きだったり、
どうしても自分に合わない業務なら会社に相談してみると改善されるかもです。

会社側は新卒社員に早く仕事を覚えて戦力になってほしいとともに、
やる気がある社員は退職してほしいとは思ってないはずです。

社員を採用、育成するためにかなりのコストを費やしているので。

新人は耐えるべきと言われたりしますが、
自分を犠牲にしてまで仕事を続ける必要もありません。

仮に過度のストレスで体を壊しても誰も責任はとってくれませんよね。。

そのため、自分の中で不満や悩みを抱え込むのではなく、
先輩や上司に一旦相談してみましょう。

何も状況が変わらずにつらい日々が続けば、転職も1つの選択肢です。

転職活動をしてみる

新卒入社した会社が自分にまったく合わずに、
生きているのがつらいと思うくらいなら転職活動をすると考えが変わるかもです。

新卒3年以内で転職すると「第二新卒」という枠で、
転職活動ができたりするので試してみる価値があります。

第二新卒で転職活動する時に役立つサイト・エージェントは下の記事で紹介しています。

第二新卒はスキルよりポテンシャルを重視されることが多いです。

転職しなくても転職活動することで、
自分の市場価値やどの業界・職種に転職ができるかを知ることができます。

転職活動することで視野が広がり、
一旦冷静になって働くことについて考えれるはずです。

今の会社で働いていれば一定の収入は確保できますし。

転職したらからといって今の職場よりも環境が良くなる保証はありませんが、
行動しないと状況は変わらないままですよね。

新卒で転職は不安もあると思いますが、
転職活動で情報取集することは自分にとってプラスになります。

結論:新卒で退職した人の末路どうなのか

仕事がツラすぎて自分の生活に影響してしまうくらいなら、
新卒で転職する方が心身健康のまま暮らせます。

新卒入社した会社で1年半働きましたが、
会社の業務内容が自分と合わなかったので転職しました。

結果論ですが、転職してよかったと思います。

高望みしなければ新卒でも転職先はけっこうあります!

新卒のうちはスキルや実績はあまりないかもしれませんが、
エネルギーはまだまだありますよね。

病んでからの転職活動は苦労するので、
フットワークに余裕があるうちに行動がオススメです。

これで以上となります。

では、また!