【今すぐやるべき】いらないものは全部手放して稼ぐ!

Lifehack

いらないものに悩まされている人「最近部屋が散らかってきてるな〜、そろそろ掃除しないと。この際にいらないものは一気に処分したいけど、どれを手放していいか迷う。。」

そういった悩みを解決します

記事コンテンツ

  • いらないものが増えると損する話
  • 使わないなら手放そう!いらないものリスト 6選
  • いらないもの手放して小遣い稼ぎ

こんにちは、シュンです。

そろそろ引っ越そうと思い、
最近部屋を片付けています。

でも洋服、本、雑貨が多くて取捨選択するのが大変。

学生時代に1年間海外留学した経験があり、
その時は大きめのスーツケース1個で暮らしていたため、
物が少なくても生活できることは自分でわかっています。

ですが帰国後にファッションにハマっていたこともあり、
ショッピングしまくっていました。

その結果、
洋服などの物が増えすぎて、
たくさんいらないものが出てきてとりあえず断捨離しています。

いらないものを置いておくことのデメリットやどういうことが起こるかについて記事で説明していきます。

いらないものが増えると損する話

まずいらないものが増えていくと、
時間、精神的、経済的に損をする可能性があります。

それぞれの理由を深堀りしていきます!

自分が時間泥棒の被害者になる

いらないものが多い部屋は、
言いかえればものが多い部屋でもあります。

掃除するときにいるのかいらないのかを判断するのは、
脳に対してけっこうな負荷をかけます。

めんどくさがり屋の僕は小さいものを、
とりあえずカゴの中に放り込んでいました。

その時は、

「時がきたらいるかいらないのかの判断すればいいや」

と思っていました。

同じことを繰り返し続けて月日が経てば、
当然そのカゴはものでいっぱいになります。

整理していくわけですが、
断捨離するときまで一回も取り出してないものがほとんどで、
いらないものばかりでした。。

カゴに放り込む前に、
フリマアプリに出品するか捨てればわざわざ片付けるための時間を、
使わなくてよかったと後悔しました。

いつか使うのではないかと思い、
とりあえずとっておくことが習慣になっていました。

しかしながら、
確実に使う保証がなければしまうスペースをとってしまったり、
片付けの手間を増やすので避けたいところです。

万が一のためにとっているものは、
いらないものが多いので時間を無駄にしないためにも手放しましょう!

いらないものが多いと精神的に疲れる

いらないものに囲まれた生活を送っているとかなり疲れます。

理由は部屋を狭く感じたりアレコレ色々と考えてしまうからです。

僕は靴が好きで小さい部屋に、
30足ぐらい箱に入れたたまま保管していました。

正直よく履くのは5種類ぐらい。

いつかフリマアプリに出品しようかと考えていました。

ただめんどくさがり屋の僕は、
どんどん先延ばしにしてしまい、
最近までずっとほったらかして。

今後手放すのは確定しているのに、
いつやろうと考えるのはナンセンスなこと。

目に入るたびにアレコレ思考するのは時間がもったいないです。

いらないものに囲まれいてる生活はしんどいので、
早めに手放した方がいいですね!

いらないものを買うと経済的に苦しくなる

実はいらないものをはじめに気づかず買ってしまい、
結果的に浪費してしまっていることもあります。

物欲に負けてしまい、
衝動買いをしてしまうのが典型的なパターン。

学生の頃にファッションにどハマりし、
稼いだアルバイト代を洋服にどっぷり使っていました。

お金が足りない時はカードを切って次の月に払えばいいやくらいの感覚で、
そのときはショッピングを楽しんでいました。

ある時、
他の支払いも重なり貯金も数千円くらいしか残らない時期がありました。

冷静に考えてみると、
あまり着てない洋服が結構あることに気づき、
買う機会が減らしました。

自分の好きなブランドの別注やコラボという言葉に弱く、
ハマっている時は衝動買いをしてしまったことを反省。

それからは、
欲しいものを何でも一旦冷静に考えて、
何日間あるいは何週間かの余裕を持つようにしています。

時間かけすぎて欲しいものがなくなってしまう心配はありますが、
やはり衝動買いするよりも時間をおいて考えた方がいらないものを、
買いにくくなるのは確かです。

いらないものを買ってしまい後悔しないためにも、
一旦冷静に考える時間は必要です!

使わないなら手放そう!いらないものリスト 6選

いつか使うだろうと思って、
とりあえず処分しないであるものって多いですよね。

たくさん持っていても使わなかったり、
実際無くしても困らないものをまとめてみました。

よかったら参考にしてみてください。

着なくなった洋服

着なくなった洋服は早めに手放した方がいいです。

そのまましておいてもスペースをとってしまい、
日常の余計な選択を増やしています。

一時期クローゼットに入りきらないぐらいの洋服を持っていました。
※住んでいるところのクローゼットは小さくも大きくもなく普通のサイズ。

洋服が好きなこともありシャツ、ジャケット、ダウン、コートと色んなアイテムを持ちすぎていました。

ダウンはそんな数あっても着ないはずなのに4種類あったり、
コレクション癖があり収納で眠っていましたね。

あとは選択肢が多いと洋服を選ぶときに、
けっこう迷ってしまいます。

出かけるのに洋服を選ぶのは楽しいですが、
迷いすぎてしまうと時間がもったいないです。

なら、
いらない洋服はクローゼットから引っ張り出して、
1軍のみ残しておきましょう。

クローゼットを見ると意外と着てない洋服はあるはずです。

スペースと選択する労力をとられないために、
着てない洋服は処分しましょう!

履かなくなった靴

履かなくなった靴はいらないものになりやすい。

スニーカーはそのまま置くことで、
加水分解してしまいボロボロになることも。

また革靴は湿気が多い場所で保管すると、
カビやすく酷い見た目になります。

さすがにカビた靴は履きたくないですよね。。

一時期は30足以上の靴を持っていましたが、
全部管理するのは大変で中にはソールが黄ばんでくるものもありました。

レアなスニーカーを手に入れた時は嬉しいし幸福感に満たされます。

靴には賞味期限がないと思われがちですが、
環境によっては劣化しますしゴミになることもあるのです。

多くても5足で普段の生活は十分です。

よく履く靴だけ残して後はフリマアプリに出品しています。

いつか読もうと思う本

長い年月本棚に飾ってある本は処分しましょう。

直近で読んでいなければ今後読む確率も低いので。

大学生だった頃、
授業のために英語の教材を買いました。

そして、
大学卒業した後も良い教材だったから使うだろうと思いつつとっておくも、
実際は2年ぐらい経過しましたが現在にいたるまで開いてないですね。

自分が買った本の中には希少価値があったり、
何度も読み返す本があるかもしれません。

それら以外の本は残しておく必要がないと思います。

手放した後にまた欲しくなれば、
電子書籍もありますしまた書店やネットで買えば良いかと。

本はスペースを取りやすいので、
最近読んでないなと感じたら売るか捨てるようにしてます。

衝動的買いした小物

衝動買いしてしまった小物は後で後悔しやすい。

お店で見た時は良かったけど、
自分の部屋に置いたらあまり必要ないこともあるからです。

以前僕はオシャレな雑貨屋さんでカッコイイ置き時計を見つけました。

目覚ましついているし部屋に置いたら、
雰囲気も良くなるだろうと思い買いました。

少しの期間は目覚まし機能を使用してましたが、
スマホで十分だなと感じて使うのをやめました。

部屋のオブジェとしては活躍してくれつつ、
今では無くても良いかなと思うほど。

第一印象がしっくりきたので、
衝動的に買いましたがよくよく考えると必要ないことに気づかされました。

小物は部屋に置きやすくて増やしてしまいがちですが、
一度よく検討するようにしています。

活躍しない調理器具・食器

昔に比べ調理器具や食器は良いものが安く手に入るようになりました。

なので買いすぎてしまい、
結局使わず埋もれてしまうことも。

一時期料理を極めようと、
調理器具・食器にこだわっていました。

最初の方に多めに器などを買ってしまい、
いつも同じ物ばかり使っていたのであまり活躍しませんでした。

ゲストが来た時に使うぐらい。

カンタンな料理しかしない僕には、
調理器具もフライパンと鍋があれば十分。

料理をめちゃ凝る人を除いては、
まず問題ないと思います。

調理器具・食器は最低限残しておいて、
後は置いておかない方がいいですね。

古くなったデバイス

携帯、パソコン、ゲームなど古くて使わなくなってしまったデバイスは、
わざわざとっておく必要はありません。

捨てにくくいらないものを増やしてしまう大きな原因になってしまうからです。

やらなくてしまったPS3が自分の部屋に数年眠り続けていました。

起動はするもののほぼオブジェ化して、
ずっと飾っている状態のだけ。

放置していたのでけっこうほこりをかぶってしまい、
とても売れる状態のものではなくなるというとことに。

またいつか使うだろうと前に使っていたスマホを残していました。

もしスマホが故障したときに、
SIMカードを入れ替えてその場しのぎで使うと考えてました。

しかしながら、
起こるかもわからない未来を心配していても、
いらないものを増やすだけだと気づきました。

僕もそうでしたが、
心配性の性格の人はものを処分できず増やしやすい傾向にあります。

色んな状況を想像してしまい、
いらないものに囲まれやすいので、
割り切ってもしもの状況を考えないようにしました。

いらないデバイスはスペースを取りやすく、
処分しにくいので最近は使わないと思ったらすぐに手放すと決めています。

いらないもの手放して小遣い稼ぎ

昔はリサイクルショップかフリーマーケットで、
いらないものを売りに出していました。

フリマアプリが普及したことにより、
わざわざお店や会場に持ち込む手間を省けて、
価格を自由に決めつつ需要があれば小遣いをカンタンに稼げる時代に。

いらないものをフリマアプリで売りに出すときのコツを紹介していきます。

利益を求めすぎない

あまり人気がなさそうなものは安くしています。

理由は売れなく残っていても邪魔になってしまうからです。

フリマアプリは自分で価格設定ができるので、
少しでも高く売りたい欲が出てしまいます。

スニーカーを売るときに欲が出て、
けっこう高めに設定してしまいました。

なんとか売ることができましたが、
予想よりもわりと時間がかかりまして。

相場よりも価格を高く設定して、
値引きの交渉も断り続けてしまうと、
結局売れ残りいらないものをいつまでも手放すことができなくなります。

いらないものを処分したい時は、
利益を求めすぎず手放すことを優先しましょう!

まとめ

  • いらないものが増えると時間的にも経済的にも貧しくなる
  • いらないものリストに当てはまるものは早めに処分する
  • フリマアプリでいらないものを出品する時は利益を求めすぎない

以上となります。

では、また!