コツをつかめば点数がグンと上がる!初心者向けのTOEIC勉強方法

Improvement

「TOEIC受けなければいけないけど、何から手をつけていいのやら。わりと受験料高いし、ちゃんと勉強しないと浪費になるけど、そもそも勉強方法わからん。どんな準備をすべきか教えて欲しい!」

そんな悩みを解決します

記事コンテンツ

  • TOEICの勉強を始める前に
  • 初心者にオススメなTOEIC勉強方法
  • TOEICの点数を上げるコツ

英語の資格として知名度が高く、
英語力の判断材料として昨今TOEICは注目されていますよね。

高いスコアを保持していれば、
就職、転職、給料アップに役立つことも。

僕がはじめてTOEICを受験したのは、
大学に入った直後でした。

高校、大学が付属なので受験勉強というハードな状況を経験せず、
大学に入ったもんで全然勉強していませんでした。

よく言われるのが大学受験のときに英語勉強をしっかりしていれば、
はじめてでもTOEICは550〜600点くらいとれると聞きます。

付属の甘々生活のまま初TOEICを受けたときの得点が、

なんと、「385点」

高校のときに英語の勉強をおろそかにしていたので、
仕方がないですが周りが「500点」前後の点数をとっていたというのもあり、

当時はけっこうショックでした。

そこから地道に何回もTOEICを受けて、

最終的には、
なんとか「815点」までスコアを上げることができました。

今回は初心者にもオススメなTOEIC勉強方法を紹介します。

TOEICの勉強を始める前に

はじめにTOEICの勉強を始める前に、
知っておいた方がいいことがあります。

TOEIC勉強で僕は寄り道し過ぎましたが、
もっと効率的に進められるやり方を途中で気づきましたので。

では、見ていきましょう!

TOEICの目標を決めてみる

TOEICを勉強していく中で、目標設定はとても重要。

何となくやっていもTOEICってけっこう退屈なので、途中で挫折しやすかったり。

最初からやる気を下げるようなことを言っては良くないと思いつつ、
TOEICについては勉強してると飽きてくることもあるかと。笑

はじめてTOEICを受けたときに、
悪い意味で驚異的なスコアを叩き出しましたが、
そのときにTOEICの勉強をやめなかった理由がありました。

当時、

海外で英語を勉強をしたくて学校の留学プログラムに参加したい!

と思っていました。

人数の枠に限られていて条件が、

TOEIC550点以上」または「英検2級

結局、TOEICのスコアは20点足りなく、英検2級だけで応募。

他の理由で留学はプログラムに参加できませんでしたが、
前よりはスコアはアップすることが成功しました。

やる気を高めるためにもTOEIC勉強において、
具体的な目標設定をしておきましょう!

TOEIC勉強を継続する

意外とTOEICの勉強を継続するのが難しい。

理由はテストがビジネス向けに作られていることもあり、
勉強していて内容が退屈に感じるもしれないからです。

ただし、
勉強を継続しないとスコアは上がらないので、
ちょっとした工夫が必要だったり!

英語をそもそもあまり触れてこなかった人は、
とりあえず英語の勉強する習慣を身につけること

テキストだけでなくアプリでも勉強できるので、
自分にあった学習方法が見つけられるはずです!

何回も僕はTOEICを受けていますが、
悲しかったのがあまり勉強せずにテストに挑み、

スコアがガクンと下がってたときでした。

TOEICはスコアをアップさせやすいと言われますが、
下がりやすいとも思います。笑

そのため、
高い点数を狙うのなら勉強を習慣化して継続するべきですね!

初心者にオススメなTOEIC勉強方法

TOEIC勉強するとなると必要なのが、

リーディング」「リスニング」「ボキャブラリー」の3つ。

それぞれ見てきましょう!

リーディングの勉強方法

TOEICのリーディングスキルを伸ばすには、
公式問題集をひたすら解くことがオススメ

ETS(Educational Testing Service)というテスト機関がTOEICを制作しています。

その機関が出している問題集があるので、
ジャンジャン活用していきましょう!

ちなみにシリーズでいつくか出ているので、
なるべくたくさんの種類を解いてみるのが問題の傾向を掴みやすくなるかと。

本番そっくりの内容になっているのでかなり良い練習になります。

一応、大学の授業でTOEICのクラスを受講していた時期もありました。

授業の内容は問題集の問題を解き、
みんなで答え合わせをしていく感じでした。
意味があるのかずっと思いつつ授業を受けてましたね。。

プロがそういう風に教えてるのを見て、
結局1人で黙々と勉強しても変わらないんじゃないかと。笑

ただ、大学なので真面目に受けていれば、
単位がもらえるのでクラスをとっていましたが。

シンプルに下の通り勉強すればリーディングは伸びると思い、
とりあえず独学で試していました!

問題集で問題を解く→答え合わせ→なぜ間違ったか?→間違った問題やり直す

初心者は文法の基礎から学ぶべきと言われたりしますが、
個人的にTOEIC勉強においてはその都度調べればいいかなと。

現在進行形、現在完了、仮定法、現在分詞などたくさん出てきますが、
全部をやっていたら膨大な時間がかかります。

英語の基礎を学ぶことは大切なことを前提で、
問題を解いてて分からない文法があれば毎回調べれば大丈夫です!

リーディングスキルを高めるためには公式を問題をガンガン解いていきましょう!

リスニングの勉強方法

TOEICのリスニングスキルを高めるには、

シャドーイングが効果的です

というのも、
自分で発音できる英語は聞き取れるようになるから。

逆に言えば自分が発音できない英語は聞き取りにくいということ。

シャドーイングのやり方はシンプルで、
音声を追っかけつつ自分もマネて発声するだけです

オススメの教材はリーディングと同様にETSが出している公式問題集のリスニングパート。

本番そっくりなので役に立つこと間違いなしですね!

僕はいつも1回目は普通に聞いて問題を解き、
答え合わせして間違っていれば、
シャドーイングを5回くらい繰り返してました。

TOEICのリスニングは様々な国のアクセントが含まれているので、
慣れるまで大変だったりします。

シャドーイングのポイントとして、
そっくりそのままマネることを意識することです。

もし発音方法が分からなければ、
YouTubeで「英語、発音」で調べてみるとけっこう出てきます。

また、単語を正確に発音したい方は発音記号を勉強してみるのもありですね!

リスニング力をアップするには、
たくさん聞きつつ発音することが効率機です!

ボキャブラリー

TOEICで高いスコアを取るにはボキャブラリーの勉強が不可欠です。

リーディグパートは文を完全に理解してなくても、
単語を理解できれば全体像を想像して解くことができることもあるので

ただ、僕はボキャブラリーを覚えることが苦手でした。

単語帳を買って勉強してもすぐ忘れるし、
全然覚えられないことが多々ありました。

そこで、
ボキャブラリー力を上げるために3つの勉強方法を実践。

  1. 問題集のわからない単語を纏める
  2. 単語帳を眺めるだけでなく単語を発音する
  3. 単語を文で丸ごと覚える

問題集のわからない単語はすぐに調べて、
自分でその単語を使ったオリジナルの文を作ったりしてました。

どうしても思い浮かばない時は辞書の例文をパクってましたね。笑

問題集でカバーできないボキャブラリーは単語帳で補う必要がありましたが、
僕のような暗記が不得意な人はめちゃめちゃ辛い作業です。

眺めていて覚えられない人は、
とりあえず音読してみるといいかもしれません。

ちなみに「金のフレーズ」という単語帳を使っていました。

TOEIC対策ではかなり有名な単語帳で人気が高く、
金フレに出てくる単語は本番でも目にします。

けっこう暗記しやすくなり、
ちゃんと発音ができればリスニングもできるようになるメリットがあります。

TOEICのボキャブラリーを増やす勉強は大変ですが、
とにかく発音して暗記していくことが重要です!

TOEICの点数を上げるコツ

とりあえず、TOEICの勉強方法がわかりましたが
さらに点数を上げるコツがあります。

5000円以上の受験料を払うなら
良いスコアがほしいですよね。

600点から700点を越えたときに、
実践していた方法をなのでよかったら参考にしてみてください。

自分の得意なパートを伸ばすこと

バランスよくリーディングとリスニングを勉強することも必要ですが、
得意なパートを強化した方が高スコアは取りやすいです。

自分の得意なパートはけっこう伸びやすいので

TOEICを勉強していく中で、
自分がリスニングかリーディグのどちらがスコアが取りやすいかわかってきます。

僕の場合、600点ぐらいまではほぼ似たような点数ですが、
700点を超えてからリスニングの方が得意なことに気づきました。

それからは英語を聴く機会をなるべく多く設けて、
常に英語が耳に入るようにしてました!

リーディグの勉強をしていなかったというとそうではなく、
今まで通りの方法と量で継続。

その甲斐あって、
リーディングのスコアはあまり変わりませんでしたが、
リスニングは100点アップしました

一気にスコアを上げようと頑張るのではなく、
自分の得意な方に力を入れて勉強するのも選択肢の1つ。

いずれは、もう一方も勉強しますが、
高スコアを取ることについてはモチベーションアップにもつながるので、
オススメな勉強方法です!

英語を日常生活に取り入れる

ちょっとした普段の生活に、
英語に触れ合う機会を取り入れることも効果的です。

TOEICに一見関係ないことでも、
英語力アップになりますしTOEIC勉強につながることもあります!

具体的には、

スマフォの言語設定を英語にして、日々のニュースを英語で見る

TOEICのリスニングパートで、
スマホ販売や操作についての内容が出題されたことがありました。

ちょっとしたスマホの機能を英語でやりとりしていたレベルですが、
日常的なこともテストに含まれていることもあります!

難易度は高めですが、
よくニュースをチェックするならば英語で見る習慣に変えるものオススメです。

英語のニュースとなると知らない単語をたくさん目にしますが、
リーディングスキルも身につきますし一緒に情報集もできますよね。

僕もなるべく英語のニュースをチェックするようにしつつ、
わからない単語が多いため常にiphoneのlook up機能で調べています

TOEICはビジネス要素も含みつつ日常会話も関係しているので、
普段の生活に英語を取り入れることはTOEIC勉強にとても役に立ちます!