【初心者にオススメ】TOEIC勉強するなら準備しておきたい対策本

Improvement

「TOEIC勉強しないといけないけど、初心者にやさしい本ってどれだろう?色んな出版社からたくさん参考書出てるし選ぶのに迷うわ〜。とりあえず勉強しやすい本ないかな。。」

そういった悩みを解決します

記事コンテンツ

  • 【TOEIC初心者に有益】自分にあった参考書を選ぶコツ
  • 【初心者でも心配不要】高得点につなげるためのTOEICの本を紹介
  • 【本をフル活用しよう】TOEICの対策の秘訣

記事を書いている僕は大学1年生の時に初めてTOEICを受けました。
全く勉強してなかったため、当たり前のことながら悲惨的な結果に…。

大学の留学プログラムや就職でTOEICのスコアが役に立つことを知り、
授業をとったり自分で勉強して地道に続けていきました。

四苦八苦しながら2年ぐらいでスコアが400点以上アップ。
元が385点なので、めちゃめちゃ伸びしろがありました。笑

今回は初心者のうちにチェックしておきたいTOEICの本を紹介していきます。

【TOEIC初心者に有益】自分にあった参考書を選ぶコツ

TOEICを本で勉強するときに、
どれを選ぶべきかまず迷うと思います。

書店やECサイトでチェックしていても、
めちゃめちゃ対策本が出ていますよね。

そんなときに、
自分にあったTOEICの本を選ぶことが勉強する前に必要です。

できればみんな出費を抑えつつ、
TOEICのスコアを上げたいと思うのはではないでしょうか。

そこで初心者がありがちな本を購入後すぐに挫折しないためにも、
自分に適したTOEIC対策本の選び方を深掘りします!

売れ筋人気なTOEIC対策本を買う

TOEIC対策をするなら売れている本を買うと勉強が失敗しにくいです。

売れているには何かしらちゃんとした理由があるので。

売れ筋の問題集であればTOEIC本番に近い問題が集まっていたり、
解説が丁寧に書いてあってスコアアップにつなげやすかったりします。

人気な単語帳を見ると、
実際のテストで出題率が高い単語だけを纏めていることが多く、
一冊を鬼勉強するだけで良いスコアがとれたり。

僕は大学の授業の都合や自分で勉強したくて、
TOEICの問題集や単語帳を何冊か買いましたが、
結果的に売れている対策本を集めるのが一番効率的だと感じました。

読者の中には「売れているTOEICの本でも自分に合わないかも…。」と思うかもしれませんが、

勉強していくうちに使いやすさがわかります。

ある時TOEICの単語帳を探していて、
どれを選べばいいかわからないし、
売れている本が良いだろうと思い選びました。

単語帳に載っていた単語が、
けっこうな数TOEICで出題されていたので得した気分でしたね。

迷ったら売れ筋人気のTOEICの本を購入してみるのもありです!

TOEICの公式問題集は必須アイテム

ETSが製作している公式問題集はTOEIC対策に必須アイテム。

なぜならTOEICの本番さながらの問題が詰まっているためです。

TOEICの問題を製作している機関が出している問題集を買わないのはもったないですよね。

TOEICを教えている人やある程度の期間を勉強している人に、
対策本について質問すると公式問題をオススメされることが多いです。

はじめの頃にTOEICテストの勉強をしようと、
公式問題集ではない対策本を購入しました。

ですが、勉強を続けていくうちにより実践的な本が欲しくなり、
最初は学校で公式問題集を借りていたのですが面倒になり自分で買いました。

公式の問題集に手を出さなかったのには理由がありまして。。

実はETSの公式問題集は他のTOEICの本に比べると、
個人的に少し価格が高めに感じたからです。

ケチって安い方を選びましたが、
あまり続かずやめてしまいました。

なら、最初から少し高い方を自己投資だと思って手に入れ、
勉強した方が良かった今は感じます。

もし初心者でTOEICの本に迷っていたら、
ETSの公式問題集は買っておきましょう!

TOEICの本を買いすぎない

初心者のうちにTOEICの本をたくさん買い込むことはよくないです。

全て使えば自分にプラスになりますが、
本を開かず買ったことに満足して手をつけないと無駄になってしまうので。

僕はTOEIC勉強の超初心者の頃に、

リーディングとリスニングで別々に本を買って勉強すればより理解できる!

と思いこんでいました。

しかし、
本でリーディングとリスニングに分ける方法は、
どちらかというと中級者〜上級者向けだと感じました。

個人的な感想ですが、
分けて勉強することで多くの問題を解けるものの、
実際にTOEICに出題されにくい内容も含まれています。

なので、
最初は公式問題集などリーディングとリスニングがセットになっている本が、
効率よく勉強できてスコアを上げやすかったりしますね。

よりハイスコアを狙いたい方は、
リーディングやリスニングを強化するために別々で対策本を買うのが良いかと。

僕も余計な出費と時間の浪費を抑えるために、
できるだけ必要なTOEICの本を買うよう心掛けています!

【初心者でも心配不要】高得点につなげるためのTOEICの本を紹介

TOEICでハイスコアを取るには、
質のいい本を選ぶことがポイントです。

本を買っても勉強をしないと意味がないため、
人気かつ対策がバッチリできるTOEICの本を厳選しました!

公式 TOEIC Listening & Reading 問題集 6

TOEICテストを作っているETSが出している公式問題集。
リーディングとリスニングパートに分かれていて、CDが付属しています。
2016年からTOEICが新形式に変わり、内容も新しくなりました。
古いのと新しいのを合わせたら10以上のシリーズが出ています。
本番を意識した勉強ができるので、初心者のうちから揃えておきたいTOEIC本間違いなし!

はじめて受けるTOEIC(R) L&Rテスト 全パート完全攻略

本の題名の通りはじめてTOEICを受ける人にも勉強しやすい内容になっています。
問題の時間配分やスコアに合わせた点数配分が説明されていて、勉強がより明確化されて分かりやすいです!
初心者にとってTOEICの壁となるのがテスト時間。
事前にそれぞれの問題に、どのくらいの時間を使えるのかを把握するのもテスト対策になります。

TOEIC(R) L&Rテスト 至高の模試600問

TOEICの対策本を選ぶ上で注目したいポイントが、解説が丁寧に書かれているのかです。
答え合わせしたときに答えと軽い解説しか書いていないと、初心者にとっては理解するのが難しく感じますよね。
その点「至高の模試600問」は誰がみても分かりやすく答えを解説しています。
問題集を比べたときに問題はどれもけっこう似ている傾向にありますが、
答えの解説はけっこう異なるので、自分にとって分かりやすい解説載っている対策本がオススメ!

TOEIC L & R TEST 出る単特急 金のフレーズ

TOEICの単語帳で迷ったら金のフレーズを手に取ってみましょう!
金フレと略して呼ばれたりしますが、TOEICを勉強している人ならみんな知っているレベルの本です。
特徴としては本番のテストで出るような単語がギッシリ載っていて、
金のフレーズを完璧することでかなりのスコアアップを期待できます。
価格もリーズナブルでコスパが良い単語帳です!

キクタンTOEIC L&Rテスト SCORE600

キクタンは単語帳として信頼が厚いシリーズです。
というのも、TOEIC以外も展開しているので耳にしたことがあるかもしれません。
キクタンTOEICの良さは覚えやすさとレベルにあった単語帳を選べるところ。
単語の意味が分かりやすく説明されていて、例文も書かれているため頭に入りやすくなっていますね。
本にはURLが載っているのでウェブサイトから音声のダウンロードも可能です!

【本をフル活用しよう】TOEICの対策の秘訣

問題集や単語帳を手に入れてもやらないと、
全然TOEICのスコアは伸びません。

そこで、個人的にオススメな勉強のコツを紹介していきます。

では、見ていきましょう!

TOEIC問題集の効率的な解き方

ETSの公式問題集ようなリスニングとリーディングが一緒になっているパターンは、
一気に全部の問題を解いた方がいいです。

理由は本番もリスニング→リーディングの順番でテストが進み、
かなりの集中力が必要になるので。

ただ問題を解いているだけでなく、
本番を想定して勉強すると結果も変わってきます。

リスニング45分、リーディング75分の合計120分を集中して
TOECIの問題を解かなければなりません。

練習しないでぶっつけ本番は中々しんどいです。。

一時期スコアが600点台で停滞していた時がありました。

その時はリスニングとリーディングに分けて勉強し、
繰り返し問題を解いていました。

テスト本番ではリスニングパートが終わると、
ちょっと集中力がきれだんだんペースが落ちることに。

結果的に最後までたどりつくことができず15問以上残してしまいました。

仕事や学業で纏めた時間が取れなくて、
リスニングとリーディングを続けて解けない場合もあります。

そんな時は普段は分けて問題を解きつつ、
TOEICを受ける前に休みの日を利用してトレーニングしてみましょう!

ただ、問題に挑むのではなくTOEIC本番の緊張感を持って勉強するのはオススメですね!

TOEIC単語帳の効率的な覚え方

単語は自分で発音しながら何回も繰り返すのがオススメな覚え方。

目視で一回で覚えようとすると、
数時間後、あるいは次の日の朝には忘れているから。

僕はTOEIC勉強の中で単語の暗記が一番苦手で嫌いでした。

でも、単語の勉強はスコアアップに避けては通れない道だったので、
とりあえず自分なりに工夫し勉強してました。

下記が試した例です。

  • 単語だけで覚えようとすることをやめて例文で覚える
  • 音声を聞いてマネする
  • 怠くても1日100個の単語を発音する
  • 一回で覚えようとせず何回も繰り返す

暗記系が苦手なので、
挫折しかけたこともありますがコツコツ続けました。

その結果、スコアが700点は安定して超えられるようになり、
単語を覚える重要性がその時やっとわかりました。笑

読んでいる方の中には「単語は問題集に出てくる種類で十分なのでは?」と思うかもです。

しかし、
単語暗記はハイスコアへの近道でもあります。

問題集でカバーしきれない部分の単語を単語帳で覚えることができます!

なので、単語を自分で発音しながら単語帳がボロボロになるまで、
地道に繰り返すのがオススメです。

これで以上となります。
TOEICは勉強が大変ですがちゃんと続ければスコアが上がります。
心が折れそうになっても継続していきましょう!