【備えあれば憂いなし】海外の旅行先で役に立つ英語勉強法

Improvement

「海外旅行だと全然日本語通じないし、ある程度英語の表現知っておかないとなー。だけど、どのくらい勉強すればいいのやら…。現地で役立つフレーズを教えて欲しい!」

そういった悩みを解決します

記事コンテンツ

  • 海外旅行で最低限必要な英語レベル
  • 旅行の状況を想像して英語を勉強
  • 海外旅行で活躍するツール

海外旅行にいくにあたって、言語は大きな壁になりますよね。

でも、最低限の英語表現を覚えておくことは、
現地でコミュケーションをとるために役立つことは間違いないです

今まで10カ国以上観光してきましたが、
英語が少し喋るだけでも旅先の人と会話ができたりして、より旅行が楽しくなります

今回は海外旅行で活躍する英語の勉強方法を紹介します。

海外旅行で最低限必要な英語レベル

結論からいうと、
海外旅行は中学生レベルの英語力で十分です

中学の頃に習った英語の文法は土台となる部分ですし、
旅行に向けに単語を少し覚えれば現地でもやりとりができるので。

旅行前に勉強しておきたいのが、
スピーキングリスニング単語」の3つ。

スピーキングの勉強

旅行先で必要とされるスピーキングスキル。

英語を話すことに慣れておかないと、
現地で会話するのはけっこう大変です。

勉強方法としては、
旅行先で使うであろうフレーズを丸暗記し、ひたすら繰り返し発音する

シンプルではじめやすい方法ですよね!

少しでも英語を話すことに慣れておくと、
観光のときだいぶ楽になります

また、英語は日本語とかなり発音が異なっているので
発音を練習しておかないとアクセントが強すぎるため、
相手になかなか理解してもらえないこともあります。

旅行で使える英語表現が載った本 (音声付きがオススメ)は、
場面によってフレーズが一覧されているので見やすいものが多いです

最近はアプリまたはYoutubeでも旅行で使えるフレーズを紹介されています。
本を読むのが苦手な方は動画での勉強がオススメ!

とにかく、
フレーズごと覚えつつ、お手本のようにキレイに発音できるまで練習しましょう

正直なところ自分が発音できない英単語や英文は
けっこう聞き取りづらかったりします。

なので、スピーキングを練習するということは、
リスニングスキルの向上にもつながります。

旅行先で使えるフレーズをジャンジャン覚えつつ、
自然に発音できるまで練習しましょう!

リスニングの勉強

リスニング力を鍛えるには、
ドラマ」や「Youtube」がオススメ。

海外ドラマは飽きにくく見やすくて、
Youtubeは動画のジャンルが幅広く無料で閲覧が可能なので。

動画でリスニングの勉強する時は、
英語音声、英語字幕を設定にしましょう!

ただ動画を見ていてもリスニング力は上がらないので、
コツとしてはシャドーイングを試してみるです。

シャドーイングは音を聞きながら、その音をおっかける形で発音していくこと

動画に字幕があれば見ながらシャドーイングにチャレンジ!

つまり、リスニングスキルをアップさせるには、
スピーキングも練習する必要があるということです。

大切なことは継続することなので、
自分の好きなジャンルを見つけることがポイント!

単語の勉強

旅行で活きる英語を勉強するために、
単語の暗記は欠かせない作業です。

単語を知らなければ伝えたいことがあっても、
語彙力の限界で会話が終了しています

現地でスマホを使い調べこともできますが、
できれば日本にいるうちに単語は覚えておきたいですね。

旅行先で役立つ英単語の覚え方は、
日本で暮らしているときに使う物の名前を全て英語にしてみること

例を挙げると、
みんな1日1回は使う「スマホ」です。

スマホは英語でいうと「Smartphone」または「Mobile」に
また、充電ケーブルは「charger」で、
コンセントは「adapter」というふうになります。

意外と英語だと思われていた言葉が、
和製英語だったりすることは多々あります

海外旅行にいったときすぐ英語が出てくるように、
日本の生活で身のまわりにある物は、
英語でわかるよう意識することが大切です。

旅行用に英単語を片っ端から勉強すると、
覚えることの多さにやる気と時間がどんどん減ってしまうので
普段している行動や物の名前を英語で知っている方が役に立ちます!

旅行の状況を想像して英語を勉強

海外旅行のために英語を勉強する時は、
状況を想像しながら進めるとより覚えやすいです!

なので、「空港」「ホテル」「ショッピング」「レストラン」で使えるフレーズを紹介します!

では、チェックして行きましょう!

空港

いざ海外の空港につき最初のハードルは、入国審査です。

審査官に質問される内容をまとめてみました。

Q:What’s the purpose of your visit ?
(訪れた目的はなんですか?)
A:vacation
Q:What are you here for ?
A:For sightseeing

上記は入国する国に来た理由を確認するために質問されます。
旅行なので「vacation」または「For sightseeing」と答えれば問題ありません。

Q:How long are you staying in this country?
(どれくらいこの国に滞在されますか?)
A:1 week

How longが最初にきたらだいたい滞在する期間を質問されていると思って大丈夫です。
そのため、自分が滞在する期間を答えればOK!

Q:Where are you going to stay ?
(どこに滞在する予定ですか?)
A:I’m going stay at ABC hotel.

また、滞在場所もよくきかれます。
ちゃんと滞在する場所があるのかを確認するので。
省略して「At 〇〇(滞在場所名)」と答えても問題ありませんね。

Q:What do you do ?/What is your occupation ?
(職業はなんですか?)
A:I’m an office worker.

100%される質問といってもいいほどよくきかれる質問。
職業を確認されていて、職を答えれば問題ないですし、
学生の場合は学生(student)と答えれば大丈夫!

ホテル

Hello,I would like to check in.
(チェックインがしたいです。)

ホテルのフロントに行き上記のように言えば、
次にだいたい名前やパスポートの有無を確認されます。
そしたら、パスポートを渡して名前を答えればOK!

Could you repeat that more slowly?
(もう一度ゆっくり言っていただけますか?)

もし、相手が早く喋りすぎてわからなかったときに大活躍するフレーズ。
風のように聞こえた英文もゆっくり話してもらえば、
だいぶわかりやすくなりますね!

Is there free Wi-Fi ?
(無料のWi-Fiはありますか?)

ホテルに着いたらまず確認したいことの1つがWi-Fi。
調べ物するのにもWi-Fiが重宝されます。
チェックインのときに一緒に確認しちゃいましょう!

Hi, I’m checking out.
(こんにちは。チェックアウトお願いします。)

チェックアウトする時は、
上記の文のみで問題なくチェックアウトできます。

What is this charge?
(こちらの請求はなんですか?)

もし、ホテルに滞在中に心当たりがない請求があった場合、
ちゃんと確かめた方がいいです。
念のため覚えておきましょう!

ショッピング

I’m good, thank you.

だいたいお店に入ると、
店員さんは「How are you?」や「How’s it going?」あいさつしてくれるので、
相手も無視されると人なので少しはショックを受けるかもしれません。

とりあえず、軽くあいさつを返しておきましょう!

No, I’m just looking around.
(いえ、見て回ってるだけです。)

店員さんに「Are you looking for something(何かお探しですか?)」と聞かれたりしたとき、
断りたいときに使えるフレーズです。

How much is this ?
(これはいくらですか?)
I’ll take it.
(それもらいます。)

買うことが決まったときに使えるフレーズ。

I’m going to think about it.
(ちょっと考えます。)

買いたいけど迷っていて、
ちょっと考えたいとき活躍するフレーズ。

I ‘d like to return this.
(こちらを返品したいです。)

海外で返品するとなると緊張しますが、
不良品の場合などはもったいなので返金しにいきましょう!
レシートをしっかり保管しておけば、スムーズに対応してくれます。

レストラン

We are four.
(4人います。)

レストランに入ると人数をきかれるので、そのときに上記のように答えるかジェスチャーでも通じます。
ちなみに一人の場合は「It’s just me.(私だけです。)」がつかえます。

How long is the wait ?
(どのくらい待ちますが?)

人気レストランに予約なしで行くと待つかもしれません。
待ち時間を確かめるときに使えると便利ですね!

What time do you open/close ?
(何時にオープン/クローズしますか?)

海外は場所によって営業時間がけっこう異なるため、確認しておくのが安心。

What’s your most popular dish?
(1番人気の料理はなんですか?)

レストランに行って迷いすぎて決まらないときに使えますね!
はじめて行く場所だと何が美味しいか分からないので、よく言います。笑

Could I get this one ?
(これを1つもらえますか?)

メニューを指差して言えば相手も理解してくれます。
何かをもらいたいときに「Could I get 〇〇(名詞)」はけっこう役に立つでしょう!

Could I get this without eggs ?
(これ卵抜きでお願いできますか?)

アレルギーなどで特定の食材を食べれないときは、
Could I get this without 〇〇(名詞)」でオーダーできます。

That’s all for now.
(とりあえず以上で)

意外と使いそうな表現ですが、
知らないとパッと出てきにくいフレーズ。

Could we get the check, please?
(お会計お願いします。)

お会計したいときに使えるフレーズで、
海外のレストランはテーブル会計が多いきがします。

We’ d like to split the check.
(お会計を別々でお願いします。)

割り勘したいときに使えるフレーズ。
海外はキャッシュレス化が進んでいるので、現金以外でも割り勘が可能だったりします。

海外旅行で活躍するツール

英語学習も含めて海外旅行にいったとき、
これはあった方がいい!」と思うツールをピックアップしました。

では、見ていきましょう!

スマートフォン

海外旅行をする際にスマホは必需品。

もうみんな日常的に使っていると思いますが、
地図連絡カメラ動画決済
の機能が小さいデバイスに集約されているなんて素晴らしすぎますね。

また、スマホがあれば旅行の情報収集と英語の勉強ダブルで可能

日頃から言語設定を英語にしとくだけでも、
英語に触れる機会をつくることができだいぶかわります。

旅行に行く前は、現地を紹介している海外ユーチューバーの動画を見てました
気分も高まりますし、現地の情報収集やリスニング力アップにも繋がります。

一昔前では英語を調べるのに電子辞書を使っていましたが、
今はグーグルの検索機能や辞典で調べて解決できますね

ドラえもんのひみつ道具なみに使えるスマホは、
旅行に間違いなく持って行った方がいいです!

ポケットWi-Fi

海外旅行するときに準備しておきたいのがネットワーク環境。

旅行先のフリーWi-Fiで頑張って乗り切ろうと思っても、
けっこうしんどいのが現実です。

コンパクトなポケットWi-Fiが持ち運び便利でオススメ

以前フランスに行ったときに街のWi-Fiで十分だと思い、
何も準備していませんでした。

空港から鉄道で街に行こうとしたら路線図がフランス語のみで、
全然読めずけっこう困りました。

調べようにもネット環境がないためどうにもできず、
感を頼りに目的地までたどり着くことができたのですが…

海外でぼくみたいなことをやっていたら時間の無駄ですし、
運が悪ければトラブルに巻き込まれる可能性も。

ポケットWi-Fiは他のデバイスでも繋げたりとても役立つので、
スマホとセツト用意しておくのがいいですね!

アプリ

旅をより楽しくするには、
アプリも準備しておきましょう!

観光しているとき移動の時間などの暇なときに、
活躍するおすすめなアプリを紹介します!

アプリ1:メモ帳

スマホには既存でメモ帳アプリがあります。

当たり前すぎてみんな使っていないことが多いですが、
けっこう便利なツールだったりします

ぼくはiPhoneのメモ帳アプリをよく使用していて、
テーブルからチェックリスト作成まで幅広い機能があるので満足しています。

旅行先で覚えた英単語やわからなかったことをスマホのメモ機能にメモしておくことで、
後で見返せますし旅のことも思い出せます。

また、旅行に行く前に絶対使うであろう表現をネットからメモ帳にコピペして、
自分だけの英会話フレーズ集を作成していました。

メモ帳は使い道が多いのでドンドン活用していきましょう!

アプリ2:スマホ決済

海外はキャッシュレス化が日本と比べてかなり進んでいます。

特にスマホ決済はめちゃ便利

代表的な例を挙げると「QRコード」「非接触型決済」です。

「QRコード」はインストールしたアプリを起動しバーコードが表示されるので、
店側に読み取ってもらう決済方法。

QRコード決済の例

  • Pay Pay
  • Line Pay
  • 楽天ペイ
  • メルペイ

「非接触型決済」は事前に自分が契約しているクレジットカード、デビットカード、電子マネーをスマホに登録しておき、
支払いのときに専用の端末にかざすだけ支払いが完了する方法。

非接触型決済

  • Apple Pay
  • Google Pay
  • ICカード(Suicaなど)
  • ID

どちらもスピーディかつ負担がないためかなり使い勝手がいい

海外でわざわざ外国のお金を多く持ちあるかなくて済みますし、
セキュリティ、衛生面を考えてもスマホ決済はオススメ。

効率よく旅行するためにもスマホ決済はとりいれるといいですね!

アプリ3:サブスクリプションサービス

移動時間や待ち時間を助けてくれのがサブスクリプションサービス。

主に音楽、動画、電子書籍のジャンルで展開されていて、
ちょっとした暇な時間を有効活用できます。

ぼくはNetflixという有料動画配信サービスに入っていて、
月額1000ちょい払えばアニメ・ドラマが見放題になっています。

また、Netflixにはアプリがあってスマホでインストールし、
動画をダウンロードできます。

そうすると、動画が配信されている間はいつでもどこでも見れるようになります。

海外ドラマ・映画は英語字幕がだいたい付いているので、
場所をとわず英語の勉強だって可能です。

他にもサブスクリプションサービスのアプリはいっぱいあるので、
契約しアプリをダウンロードしておくと旅の暇な時間を楽しめます!