【20代向け】人と関わらない仕事探しの助け舟!ついでに稼げる職業も紹介

Improvement

「人と関わる仕事は自分にとって向いてないのかな〜。全然成績伸びないし毎日たくさんの人と会うのがとてもシンドく感じる。。人と関わらない仕事をしつつ、20代でスキルが溜まる仕事はないかな?」

そういった疑問を解決します

記事コンテンツ

  • 20代で知っときたい!人と関わらない仕事を選ぶポイント
  • 稼げる職種も紹介!20代でなるべく人と関わらない仕事 7選
  • 20代で転職成功率を上げる!人と関わらない仕事を見つけるコツ

こんにちは、シノです。

仕事をしていて自分ってあまり人と関わる仕事が向いてないのかもと、感じてしまうことがあるかもしれません。

世の中には様々な仕事があって、人とあまり関わらなくてできる仕事もたくさんありますね。

なので、まずは自分に合いそうな仕事を知ることが大切!

僕は学生の頃に接客業をしていましたがあまり接客が得意ではなかったので、就活を機にエンジニア職に就職しました。

時々クライアントと打ち合わせを行っていましたが、基本的にはパソコンで作業することが多かったですね。

人と関わるのが得意でない人にとって向いている職業だと思いました。

この先なるべく人と関わらない仕事をしたい方に向けてどんな仕事があるのか、またスキルが溜まり稼げる職についても触れていきます。

20代で知っときたい!人と関わらない仕事を選ぶポイント

人と関わる仕事も多くありますが、人と関わらない仕事もたくさんあります。

20代のうちは若さやエネルギーがあるので、やり直そうと思えばまだまだチャンスがありますね。

なので、自分がどんな仕事が向いているのか見つけるためのかなり重要な時期です。

はじめに人と関わらない仕事を選ぶ3つのポイントについて解説。

では、チェックしていきましょう!

ポイントその1:スキルとして評価されにくい仕事を選ばない

人と関わらない仕事選びで重要なのがスキルが溜まりにくい仕事は選ばないことです。

理由は今後転職する時にスキルが無いと転職するのが難しくなるので。

需要があるスキルを身につけておけば、キャリアップして収入が増えることも期待できます。

ルーティンワークやマニュアルでの作業は、誰にでもカンタンにできるのでスキルにはなりにくいですね。

誰でもカンタンにはできない仕事だからこそスキルが必要とされますよね。

長期的な視野で考えると転職には需要があるスキルが有利になるので、スキルが溜まりにくい仕事は避けたいところです。

ポイントその2:スキルが身につく仕事を探す

20代は吸収もまだまだ早いので、スキルが身につく仕事をしてみましょう。

スキルが身につく仕事をすることで、転職が有利になるのと心に余裕ができるからです。

会社で何か問題があってもスキルがあれば転職が可能で、精神的な負担も減らせますね。

手に職をつける職業をしてみる

一例ですが、職人技術職デザイナーライターなど手に職と言われる仕事はスキルが身につき転職がしやすくなります。

しかしながら、カンタンな仕事ではないので挫折しやすいのも事実。

どの仕事に自分が合うかは実際に働いてみないとわかりませんね。

そのため、少しでも興味があればチャレンジしてみることが適職を見つけるための一歩です!

ポイントその3:人とあまり関わらない興味がある仕事を探す

自分の中で興味のある仕事を探してみることがオススメです。

人とあまり関わらない仕事でも自分が興味がなければ続けるのが難しいので。

短期離職を繰り返すと経歴に傷がつきやすいので気をつけたいですね。。

興味がある仕事の方が楽しく仕事ができる

新卒でエンジニア職に就職しましたが、僕の中では働くメリットが多くありました。

下記のような感じですね。

  • 人とあまり関わらないでいい←人と関わるのが嫌いではない
  • スキルが溜まる
  • プログラミングやITに興味があった
  • 転職がしやすくなる
  • パソコン一台で仕事が可能

文系卒でITリテラシーの欠片もないだった僕ですが、直感的に面白そうだと思って就職しました。

入社1年目は右も左も分からなくてツラく挫折しかけましたがなんとか続けました。

知らなすぎて外国語を話せているような気分になったIT用語にも少しずつ理解できるようになりましたね。

1社目の会社は自分との相性もあり、1年半で転職して他のIT企業で働いてます。

せっかく仕事をするなら自分の興味があることをした方が、モチベーションも高まりますし長く働きやすくなりますね

自分で興味があることを洗い出して、どんな仕事があるのか探してみるのかいいかもです!

稼げる職種も紹介!20代でなるべく人と関わらない仕事 7選

20代でなるべく人と関わらずにできる仕事をまとめてみました。

スキルを身につけることで稼げる職種もあるので合わせて紹介していきます!

工場ライン

ベルトコンベアに流れてくる製品を加工・梱包をなどをしていく作業をします。

黙々と作業をすることを求められるので、人とあまり話す必要はありませんね。

ライン作業と言っても様々な種類に分かれていて、食品化粧品組み立て検査ライン仕分け梱包などのジャンルがあります。

集中力が高くて単純作業をしたい人には向いている作業かと。

決まった作業を行うので未経験であってもチャレンジしやすくて、慣れるまでにも時間が掛からずこなせるようになるでしょう。

ビルのメンテナンス

少人数で仕事したい方にはビルのメンテナンスが向いているかもです。

ビルのメンテナンスでも仕事が分かれていますね。

  • ビルの清掃管理
  • ビル内の電気、空調、ボイラー設備の点検・管理
  • エレベーターの故障対応

1日の仕事スケジュールが決まっており、緊急なトラブルが発生しない限りはいつもは同じ流れで作業が進みますね。

会社によっては深夜に勤務することもあり、そちらの方が稼ぎやすくはなっています。

また、資格を持っておくことで就職がしやすくなり、収入がアップしやすいですね。

ドライバー

運転が好きな人はドライバーの仕事が向いているかもしれません。

物流をスムーズに行うために必要とされる職業ですし、トラックドライバーがいなくては私たちの元まで商品が届くことはないですね

最近ではオンラインショッピングが伸びていることもあり、ドライバーの需要は高まっていますね

運転するトラックによって必要とされる免許も違ってきます。

人とあまり関わらないで運転するのが好きな方はドライバーが働きやすいかと。

データ入力

あまり人と話さなくてデスクワークをしたい方はデータ入力の仕事もあります。

入力データは幅広くて顧客データ、売上の集計、アンケート回答と様々です。

タイピングに苦手意識がなく、ExcelWordを使えた方が採用されやすくなりますね。

在宅ワークOKの求人もあったりするので人気が高まっている印象です。

PCを使って仕事をしつつOffice系のソフトをスキルを高めたい人には向いてると思います。

エンジニア

稼げるという噂でここ最近とてもポピュラーな職業になったエンジニア。

実はエンジニアの職業も細かく分かれています。

  • システムエンジニア
  • フロントエンドエンジニア
  • バックエンドエンジニア
  • インフラエンジニア
  • 組込エンジニア

上のエンジニアの種類は一部でもっとあります。

エンジニアの役割はクライアントの要望を聞いて、システムの設計を行ったり、開発者であるプログラマーに開発依頼をしつつ案件の進捗管理をします。

クライアントやプロジェクトメンバーとの関わりが発生するのでコミュニケーションスキルは求められます。

スキルを身につけて転職することで、30代で年収600万円を狙うことも可能ですね。

プログラマー

プログラマーは設計書を元にプログラムを書いていく職業。

基本的にPCに向かって作業をするので、あまり人と関わらずに作業を進められますね。

自分で作ったものが動くことに楽しみを感じる人や、問題を解決することが苦痛ではない人が向いている職業だと思います。

プログラミング言語はめちゃめちゃ種類があります。

僕は初めてプログラミング言語を見た時全く読めずに、外国語を見ているような感覚になりました。

世間的にも注目が高いプログラミングで始める人も多いですが、挫折する人も多いですね。

極めていけば転職に困ることはないので、人とあまり関わらずにスキルを身につけたい人にはオススメな職業です。

Webデザイナー

PCを使ってデザインに関わる仕事をしたい人はWebデザイナーを目指すのもありですね。

クライアントともメールでのやりとりが多く、関わる人もあまり多くはないですね。

クリエティブな発想と鋭い観察力を求められる職業でもあります。

他の人のデザインを見たり、自分でデザインすることが好きな人はピッタリかと。

パソコン一台で仕事ができるのと、仕事していくうちにスキルを得られ将来転職しやすくなることを見越して、 Webデザイナーを目指す人も少なくないですね。

20代で転職成功率を上げる!人と関わらない仕事を見つけるコツ

なるべく人と関わらない仕事について確認してきました。

20代の経験やスキルが30代のキャリア形成に影響し年収にも関係してきますね。

まだ適職を見つけてない人にも20代の仕事選びはとても重要なので、自分に会った仕事を見つけるコツについて紹介していきます。

自分で学習してみる

目指したい職業について調べつつ学習していくことが大切!

面接の時に学習したことを面接官にアピールができるので

事前に仕事で役立つ資格を取得しておくのも仕事へのやる気が伝わるはずです。

エンジニアやWebデザイナーは、企業に応募したい際にポートフォリオという自分で作ったものを提出することがよくあります。

仕事へのギャップを減らせる

あらかじめ学習しておくことで、転職後の仕事へのギャップを減らすことができますね。

最も避けたいケースは転職して、全く自分に合わずにすぐに退職してしまうことです。

短期離職を繰り返すと20代とはいえ転職のハードルは高くなります。

正直なところ仕事は実際に働いてみないと向き不向きがわかりません。

ですが、転職前に自分で学習しておくことで自分に合いそうかの予測できますよね。

全くプログラミングに興味がないのに、なんとなく将来に役に立ちそうで人気職だからプログラマーを選ぶと高確率で挫折します。

自分が働いていみたいと思う職業については、まずは学習を進めていきましょう。

転職サイト・転職エージェント

転職活動をするときは転職サイト転職エージェントを両方活用していきたいですね。

効率よく情報収集ができて、転職する確率もアップするので。

僕が新卒で2年目で転職した時に使った転職サイト、転職エージェントは別記事でまとめています。

≫【第二新卒の方へ】迷った時はコレ!役に立つおすすめ転職サイト

転職サイトは3個くらい登録しておいて、転職エージェントも使っていくのがベストですね。

転職エージェントを活用しリアルな転職市場を知る

エージェントを使うことで転職のプロに相談することができます。

タダで相談が可能で履歴書、職務経歴書、面接対策をしてくれる転職エージェントもありますね。

紹介された中で絶対就職しないといけないルールはないので、気軽にカウンセリングしてもらいやすいです。

無料相談できる!20代の転職で登録しておきたいエージェント

担当者が自分と合わなかったら不安に思うかもです。

そんな時は、担当者を変えてもらうか他の転職エージェントを使ってみるのも良いかと。

自分と相性が良さそうなエージェントを見つけることが転職率UPにつながりますね。

転職を成功させるためにも転職サイト転職エージェントをどんどん活用していきましょう。

まとめ:20代では将来を見越した人と関わらない仕事選ぶ

20代にフォーカスして人とあまり関わらない仕事について解説してきました。

記事内容をまとめると以下の通りですね。

  • 人と関わらない仕事を選ぶ時でも経験やスキルが溜まる仕事を意識する
  • 転職後の仕事のギャップ減らすためにも事前学習は欠かさない
  • 無料相談できる転職エージェントを使うことで転職の成功率がUP

僕は人とよく関わる仕事もあまり関わらない仕事も経験しましたが、人とあまり関わらない仕事の方がストレスが減ったように感じました

20代はやり直しがしやすいのもあって、初めから1つの職業に絞る必要はないですね。

チャンスがあるうちに行動して、自分に適した仕事を見つけていきましょう。

これで以上となります。

では、また!