【機能まとめ】Apple Watchのできること&できないこと

Technology

Apple Watchのスペックを知りたい人「Apple Watchって何ができるんだろう?気になるけど用途がわからないし、日常的に使える便利な機能も合わせて知りたい!」

そういった疑問を解決します

記事コンテンツ

  • 何ができるの? Apple Watchの機能まとめ
  • Apple Watchユーザがおすすめする機能
  • もう一歩!Apple Watchができないこと

こんにちは、シノです。

街中でApple Watchを付けている人をよく見かけるようになりましたね。

僕もApple Watchを使っていますが購入する前は、
メッセージの通知、時間を確認、決済機能ぐらいしかしりませんでした。

たくさんの機能が備わっているApple Watchですが、
実際は日常的にあまり使わない機能もあったり。。

スマートウォッチの中でも安価ではないので、購入失敗は避けたいもの。

そこで、Apple Watchが気になる方へ向けて、Apple Watchのできることや日常生活の中でおすすめな機能について発信していきます。

何ができるの? Apple Watchの機能まとめ

Apple Watchには日常的に役立つ便利な機能がたくさんあります!

健康管理運動のサポート機能メッセージ通知決済機能などなど。

Apple Watchを持ってない人にもわかりやすく、どんな機能があるのかを紹介していきます。

では確認していきましょう!

健康管理

健康管理はApple Watchの代表的な機能の1つです。

ヘルスケア・アクティビティ

ヘルスケア機能はApple Watchをつけているだけで心拍数を測定し記録してくれます。

これによりいつもと異なる心拍数になったときに早期段階で気づけますね!

また、消費カロリー、運動時間、スタンド時間を管理できるアクティビティという機能がありまして。

自分が1日どれだけのカロリー消費ができるので、健康管理のサポートツールとしてピッタリです。

運動時間が足りてなさそうなら、もっと増やして消費カロリーを高めることもできますし。

座っている時間が長いと肥満、血流悪化、高血圧に繋がります。

そんな時にスタンド機能はApple Watchが振動し、ユーザに長時間連続して座り続けること防ぐように教えてくれます。

ワークアウト

Apple Watchはワークアウトをするときにも活躍してくれます。

ランニングをするときに時間、消費カロリー、心拍数、距離を測定が可能。

アクティビティと連携しているので記録を後でチェックできる優れもの。

ジムに行けばランニングマシンがあるので時間や距離を設定し走れます。

なので、ジムに行っている人は十分かもですが、ジムに通ってない人もApple Watchのワークアウト機能活用することで外でのランニングのデータ上手く管理が可能に!

リマインダー

ちょこっと書き留めしたいときにリマインダーは便利です。

Apple Watchからsiriを呼び出して「〇〇 リマインド」と言うだけで、リマインダーアプリのリストに追加してくれます。

「牛乳を買う」などの一言程度のことなら、Apple Watchからリマインドすることでメモを開かなくて済みますね。

通知

メッセージアプリ、電話の通知はApple Watchで確認できます。

設定をすれば他のアプリの通知も可。

作業に集中してしまうと携帯に来た通知は見逃しやすくなりますよね。

そんな時にApple Watchは手元で振動し知らせてくれるので便利。

逆に通知を受けたくない時はアプリや電話の通知をオフにできるので自分の好みで設定できちゃいます。

ラクラク決済

Apple Watchで欠かせない機能がWallet。

電子マネークレジットカードを登録することでワイヤレス決済が可能になります。

iPhoneでもWallet機能は使えますが、わざわざiPhoneを出さなくてもApple Watchで決済できるのが快適ですね。

僕はiPhoneにパスワードロックをかけているので、支払いの度にロック解除するのが手間に感じていました。

Apple WatchのWalletはロック解除なしで支払いできるので楽に感じます。

Apple Watchユーザがおすすめする機能

Apple Watchを使って半年ちょい経ちましたが、充電する時以外はずっと付けています。

仕事、プライベート関係なくほぼ毎日使っていまして。

そこで、起きてる時寝ている時もずっとApple Watch付けている僕が、個人的におすすめする機能を紹介したいと思います。

では、チェックしていきましょう!

Wallet

便利な機能として僕の中で最初に思いつくのがWallet。

登録した電子マネー、クレジットカードを使用することができて、
わざわざ財布、IPhoneを取り出さずに決済できるのが楽ですね。

手がふさがっている時もApple Watchを改札にタッチすれば通れるので便利。

ただ、改札のタッチする場所が右で僕は左腕にApple Watchに着けているため、
少し体を捻る必要はありますが。。

Walletは毎日活躍してくれる機能なのでお気に入りですね!

アラーム

朝起きるのが苦手な人にとって、Apple Watchのアラームはかなり重宝するかもです。

セットした時間になるとApple Watchが振動して起こしてくれます!

振動が絶妙な感じで個人的には不快感を全く感じないです。

Apple Watchがない時はIPhoneのアラームをセットして起きていましたが、頭に響く感じで叩き起こされている感じがありました。

朝からのストレスを少しでも減らせる機能なので推しですね!

タイマー

携帯にもタイマーはあるのですがApple Watchのタイマーをよく使っています。

理由は携帯のタイマーは音がうるさいのと、携帯を視界に入れてしまうと使いたくなってしまうので。

マナーモードにしていても個人的に振動がわりと気になることが多くて。。

仕事や勉強に集中したいときにApple Watchのタイマーがおすすめで、
時間になったらApple Watchが振動して知らせてくれます。

集中したいときのサポートツールとして役立つこと間違いなしですね!

睡眠トラッキングアプリ

有料版ではありますが睡眠トラッキングアプリの「Auto Sleep」は優秀ですね。

自分がどれだけの睡眠が取れているのかを細かく教えてくれます!

好奇心で僕も使い始めて自分の睡眠についてかなり分析できました。

トータルの睡眠時間睡眠の深さを測定し記録してくれるので、
自分の睡眠を改善するのに活躍してくれると思います。

様々な睡眠トラッキングアプリが出ているので、自分に合いそうなアプリを試すのがいいですね!

Map

Apple Watchで役に立つ機能の1つがMap。

セットした目的地までApple Watchが案内サポートをしてくれます。

曲がる時は手元で振動し曲がることをユーザに伝えます。

Mapを見ながら歩くのは危険なので曲がる時に教えてくれるのは安全ですね!

正直、Apple Watchの画面がスマホのように大きくないので、Map自体は少し見にくいと感じました。

代わりに振動で経路案内をしてくれるので、Apple Watchに画面の大きさを求める必要はないかなと思っています。

メッセージや電話の通知

アプリの通知の設定をONにしておくと、メッセージや電話をApple Watchから知らせてくれます。

LINEをよく使いますがやり取りを手元で確認できるのはとても便利ですね。

キーボード入力はできませんがテンプレートで返信は可能。

そのため、LINEで自分が頻繁に使うフレーズをカスタマイズすることで、簡易な返信はできます!

また、電話が来たとき活躍しているのがApple Watchで着信があった時、
Apple Watchを手で覆うことでミュートになります。

僕は基本的に携帯はマナーモードにしていますが、満員電車の中など電話に出られない時に振動が煩わしく感じることがあります。

Apple Watchを手で覆うことですぐにミュートになってくれるので、僕自身重宝している機能1つです!

もう一歩!Apple Watchができないこと

時計としては十分すぎるくらいの機能を持っているApple Watch。

Apple Watchできることは解説してきましたが、一応Apple Watchができないこともサクッと話したいと思います。

購入前に参考になれば幸いです!

IPhoneのみ連携可能

Apple WatchはIPhoneのみ連携可能です。

他のスマートウォッチだとアンドロイド、IPhoneと連携できるモデルもあったりするので注意が必要ですね。

Apple Watch自体はIPhoneの拡張機能のような位置付けで作られていると僕は思っています。

なので、IPhoneを持ってない人はApple Watchを使うためには、まずIPhoneを準備しなければならないですね。

ネットサーフィン

PCやIPhoneのようなネットサーフィンはApple watchには厳しいですね。

リンクがあればWebページに移動し、Apple watchの画面にページが表示されます。

検索は音声入力、または、パネルにて文字を書くことができます。

Apple watchの画面では小さくてキーボード入力が慣れている人には、Apple watchのネットサーフィンはかなりやりづらいと思います。

VODが見れない

HuluNetflixU-NEXTAmazon PrimeなどのVODはApple watchで見ることができません。

Apple watchのコンパクトな画面ではアニメ、映画、ドラマは見にくいと思われるので、
そこまで需要がないのかもしれませんが。。

あと、Apple watchのバッテリーの持ち時間がもっと長くならないと厳しそうですね。

電子書籍が読めない

Apple watchでは電子書籍が読めません。

代わりにIPhone側で保存してあるオーディオブックをApple Watchと連携することで、Apple Watch側で操作することができます。

再生速度の調節トラックやチャプタの選択が可能!

わざわざ直接IPhoneを操作しなくても、手元のApple Watchで済みますね。

まとめ:Apple Watchを使う生活はとても快適です

Apple Watchのできること・できないことをメインで紹介してきました。

半年と少しの期間Apple Watchがある生活を過ごしてきましたが、
とても快適で面白い機能がたくさんあると思いました。

正直なところApple Watchの価格帯は安くなく嗜好品だと個人的には感じますが、気になっている人は一度買ってみるのもアリです!

というのも、廉価版のモデルも登場しているため手は届きやすくなっていますので。

まだまだバッテリーについては改善の余地はあると思いつつ、僕は仕事中でもプライベートでも毎日Apple Watchを使っているので購入して後悔はなかったですね!

Apple Watchが自分に必要がないかをもっと知りたい方は下記の記事で解説しています!

これで以上となります。

では、また!